« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月 9日 (木)

(2366) ザブングルグラフィティ

【監督】富野由悠季
【出演】小滝進(声)、横尾まり(声)、島津冴子(声)、TARAKO(声)、銀河万丈(声)
【制作】1983年、日本

テレビアニメ「戦闘メカザブングル」の劇場版。両親を殺された若者の活躍を描いたロボットアニメ作品。

両親をティンプ・シャローン(銀河万丈)に殺された、労働者階級シビリアンのジロン・アモス(小滝進)は、復讐のためウォーカーマシン、ザブングルを盗んで手に入れ、ティンプヘの復讐に挑む。仲間になったエルチ(横尾まり)が貴族階級イノセントによって洗脳されたため、ジロンは仲間とともにエルチを奪還。イノセントでありながらジロンの側についたアーサー(塩沢兼人)の協力により、エルチの洗脳は解ける。ジロンを始めとするシビリアンは激闘の末、イノセントとの戦いに勝つ。エルチは戦闘中に失明し、ジロンのもとを去ろうとするが、ジロンが引き留める。進だと思われていたアーサーが仲間の元に戻り、エルチの目をシビリアンの技術で治療すると告げる。エルチは喜び、ジロンたちは元気に走り続けるのだった。

テレビアニメの雑な総集編という作風で、内輪受けのようなシーン(「これが動撮だ! 」という字幕が出て塗りかけの絵が出たり)や、各話のタイトルやCM入り・CM明けのタイトル映像などが不規則的に出たりする。登場人物の紹介も不親切だが、「戦闘メカザブングル」がどういう作品だったのかを概ね知ることはできるようになっていた。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2021年12月 7日 (火)

(2365) 名探偵ホームズ ミセス・ハドソン人質事件/ドーバー海峡の大空中戦!

【監督】御厨恭輔
【出演】広川太一郎(声)、富田耕生(声)、麻上洋子(声)、大塚周夫(声)
【制作】1986年、日本

擬人化された犬の名探偵の活躍を描いたアニメ作品。「名探偵ホームズ 青い紅玉の巻/海底の財宝の巻」の続編。

「ミセス・ハドソン人質事件」では、ホームズ(広川太一郎)を困らせようとしてモリーアティ教授(大塚周夫)がホームズの家主であるハドソン夫人(麻上洋子)を誘拐し、ホームズに名画モナリザを盗むという難題をふっかけるが、ホームズは偽物を用意してモリアーティを騙し、モリアーティはハドソン夫人を置いて逃げ去る。
「ドーバー海峡の大空中戦! 」では、モリアーティ教授が買い占めた郵便切手の高騰を狙って航空郵便サービスを妨害するが、ホームズやハドソン夫人の活躍でモリアーティを退け、航空郵便は無事にサービスを始める。

前作に続き、本作も宮崎アニメらしいにぎやかなアクションシーンが売り物なのだが、オープニング曲のバックで、主立ったハイライトシーンが全部見られてしまうのだった。空中を平泳ぎみたいにあがいて前に進もうとするシーンは、ルパン三世もやってた気がする。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

(2364) 名探偵ホームズ 青い紅玉の巻/海底の財宝の巻

【監督】宮崎駿
【出演】柴田侊彦(声)、富田耕生(声)、大塚周夫(声)
【制作】1984年、日本

擬人化された犬の探偵の活躍を描いたアニメ作品。2話構成になっている。

青い紅玉の巻では、モロアッチ教授(大塚周夫)の盗んだ青いルビーをポリィ(田中真弓)という女の子が掏る。モロアッチ教授は手下を使ってポリィからルビーを取り戻そうとするが、シャーベック・ホームズ(柴田侊彦)とワトソン(富田耕生)がポリィを守り、ポリィから宝石を宝石店に返させることにする。
海底の財宝の巻では、海に沈む財宝を狙うために海軍の潜水艦を盗んだモロアッチ教授をホームズとワトソンが追う。ホームズとワトソンはモロアッチ教授の悪事を防ぎ、引き上げようとした財宝は再び海の底に沈んでいく。

シャーロック・ホームズがモチーフになっているが、推理物というよりは、ホームズとワトソンがモロアッチ教授を追いかけ回すアクションもの。子供向けのドタバタ喜劇風の作品で、あまり感動や驚きはなかったが、登場人物が犬なのに、表情が豊かで、子どもは可愛く、女性が魅力的に見えるキャラクターデザインは秀逸だ。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2021年12月 5日 (日)

(2363) アナと雪の女王2

【監督】クリス・バック、ジェニファー・リー
【出演】クリステン・ベル(声)、イディナ・メンゼル(声)、ジョナサン・グロフ(声)、ジョシュ・ギャッド(声)
【制作】2019年、アメリカ

二人の王女の冒険を描いたディズニーアニメ。「アナと雪の女王」の続編。

幼い頃に母親から聞いた歌の歌声が流れてくることに気づいた王女エルサ(イディナ・メンゼル)は妹のアナ(クリステン・ベル)とともに声を追い、霧に覆われた森を目指す。声の主は今は亡き母親(エバン・レイチェル・ウッド)のものだった。エルサは森を覆う霧を取り払い、中に閉じ込められた人々を解放。エルサは森の国に移り住み、アナが女王となるのだった。

前作同様、魔法などを表現した映像は見事。歌も聴き応えがあり、感動的だった。アナがクリストフ(ジョナサン・グロフ)の発言にいちいちネガティブ反応するあたりは、若干いらついたが、最後は無事にプロポーズ成就だった。

【5段階評価】4

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »