« (2347) ノア 約束の舟 | トップページ | (2350) 断崖 »

2021年7月24日 (土)

(2348) 市民ケーン

【監督】オーソン・ウェルズ
【出演】オーソン・ウェルズ、ドロシー・カミンゴア、ジョゼフ・コットン、エベレット・ストーン
【制作】1941年、アメリカ

アメリカの新聞王の生涯を描いた作品。

新聞王、チャールズ・ケーン(オーソン・ウェルズ)が、「ばらのつぼみ」と言い残して生涯を閉じる。ニュース製作会社のロールストン(フィリップ・バン・ツァント)は、記者達に、ケーンにゆかりのある人に取材して「ばらのつぼみ」の言葉の意味を探るよう命じる。
ケーンは、両親のもとでそり遊びをしていた無邪気な少年時代、宿屋を営む母親(アグネス・ムーアヘッド)の判断で、銀行家サッチャー(ジョージ・クールリス)に預けられる。彼は25歳で莫大な資産を受け継ぎ、落ち目の新聞社を立ち直らせる。大統領の姪エミリー・ノートン(ルース・ウォリック)を妻に迎え、知事選に挑むが、妻との関係は冷え始めており、その頃知り合った歌手の卵スーザン・アレクサンダー(ドロシー・カミンゴア)との不倫疑惑を報じられ、知事選に失敗。ケーンはエミリーとは別れ、スーザンと結婚する。ケーンはスーザンのためにオペラ劇場を建設し、彼女を歌手として出演させるが、ケーンの新聞社の記者リーランド(ジョゼフ・コットン)は、彼女の歌を酷評する記事を書く。それを見たケーンは、その記事を採用した上でリーランドを首にする。スーザンは歌手を続けられないと嘆き、ケーンもそれを了承。ケーンは大豪邸ザナドゥ城を建て、大量の美術品を持ち込むが、スーザンはむなしさを覚え、ケーンが引き留めるのも聞かず、彼の元を去ってしまう。ケーンはスーザンの部屋をめちゃくちゃに壊す。
結局、「ばらのつぼみ」の謎は明かされなかった。ケーンの大量の遺品のうち、価値のないものは焼却処分されていく。その中に、ケーンの少年時代のそりがあった。そこには「ばらのつぼみ」のロゴが描かれているのだった。

不朽の名作と名高い作品だが、正直、あまり盛り上がりはなく、退屈な部類の作品だった。長回しや極端なクローズアップ、ローアングルの撮影などが当時は評価されたようだが、今となってはインパクトはなかった。とは言え、映画ファンを自認するなら一度は観ておかざるを得ないだろう。

【5段階評価】2

|

« (2347) ノア 約束の舟 | トップページ | (2350) 断崖 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2347) ノア 約束の舟 | トップページ | (2350) 断崖 »