« (2338) エンド・オブ・ホワイトハウス | トップページ | (2340) メッセージ »

2021年6月28日 (月)

(2339) ニセコイ

【監督】河合勇人
【出演】中島健人、中条あやみ、池間夏海、島崎遥香、DAIGO
【制作】2018年、日本

古味直志の漫画「ニセコイ」の実写映画化作品。恋人同士を演じることになった二人の恋の行方を描いたラブコメディ。

ヤクザ集英組の二代目、一条楽(中島健人)は、凡矢理高校に通う高校生。彼は幼い頃、ロミオとジュリエットの絵本を持つ少女と、錠と鍵のペンダントを分け合い、再開したら結婚しようという約束をしていた。ある日、楽は、登校時に校門に飛び込んできた女子生徒に膝蹴りを食らう。その子は、楽のクラスの転校生、桐崎千棘(中条あやみ)。彼女はニューヨークのギャング「ビーハイブ」のボス(団時朗)の娘。ビーハイブと集英組が抗争寸前の状態となったため、集英組の親分(宅麻伸)はビーハイブのボスと一計を案じ、楽と千棘が恋人同士を演じることで、血気にはやる構成員を鎮めることにする。楽と千棘はしぶしぶその作戦に乗ることになる。千棘は楽をもやしと呼び、楽は千棘をゴリラ女と呼んで、互いにいがみ合っていたが、ビーハイブの幹部クロード・リングハルト(DAIGO)は二人の関係を怪しみ、監視を怠らないため、二人は仲睦まじい恋人同士を演じざるを得なくなる。
楽は、クラスの同級生、小野寺小咲(池間夏海)に片思いをしており、彼女がペンダントの相手であることを夢見るが、実は彼女が本当に鍵のペンダントの持ち主だった。小咲は楽がペンダントの相手であることを知っており、彼に気づいてもらうため、文化祭の出し物をロミオとジュリエットにすることを提案。ロミオ役は楽に決まり、小咲は自分がジュリエット役になろうとするが、千棘が抜擢されてしまう。しかし、千棘は小咲がペンダントの相手であることを知り、演劇が終わると、楽を小咲に譲り、アメリカ行きの飛行機に向かう。楽は小咲が運命の相手であることを知るが、自分の愛する女性が千棘であることに気づく。小咲も楽の思いを受け入れる。楽は千棘を追って空港に向かい、千棘に愛を告白。二人は空港で口づけをかわすのだった。

漫画のような設定で漫画のようなラブコメディ。原作は漫画なんですけども。ばかばかしい作品ではあるが、千棘と小咲以外にも、楽に言い寄る美少女、橘万里花(島崎遥香)も登場したりして、恋の展開はそれなりに面白く、肩の凝らない娯楽映画として楽しめる部類だった。

【5段階評価】3

|

« (2338) エンド・オブ・ホワイトハウス | トップページ | (2340) メッセージ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2338) エンド・オブ・ホワイトハウス | トップページ | (2340) メッセージ »