« (2322) 孤狼の血 | トップページ | (2324) 男たちの挽歌II »

2021年2月 8日 (月)

(2323) 劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME

【監督】安藤真裕
【出演】伊藤かな恵(声)、本田貴子(声)、竹内良太(声)、久保田民絵(声)、豊崎愛生(声)、小早川千明(声)
【制作】2012年、日本

テレビドラマ「花咲くいろは」の劇場版。旅館で働く少女と、その母親の少女時代を描く。

温泉旅館、喜翆荘(きっすいそう)の娘、皐月(本田貴子)は、東京に出て宿泊客だったカメラマンの松前綾人(竹内良太)と結婚。二人の間に産まれた女の子、緒花(伊藤かな恵)は、母親と離れて喜翆荘で仲居として修行する。同じく仲居として働く押水菜子(豊崎愛生)や和倉結名(戸松遥)たちと仕事に精を出しながら、旅館の従業員、助川電六(チョー)の業務日誌を通じて、母親の少女時代を垣間見、母親も悩みながら大人になっていったことを知るのだった。

少女時代の皐月(伊藤かな恵)と綾人との出会いや皐月が上京を決意するという過去の経緯と、現在を生きる緒花の旅館での経験という二つの時代の物語を交錯しながら描くという、少々凝った脚本になっている。それもあって、序盤は登場人物が次々と登場して、初見にはちょっと分かりづらいのだが、中盤からおおかたの人間関係が理解できるようになる。美少女が数多く登場するアニメで、入浴シーンが何度かあったりはするが、主題は家族であり、少女の心の成長と自立心に焦点を当てた作品だった。

【5段階評価】3

|

« (2322) 孤狼の血 | トップページ | (2324) 男たちの挽歌II »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2322) 孤狼の血 | トップページ | (2324) 男たちの挽歌II »