« (2209) マダム・フローレンス! 夢見るふたり | トップページ | (2211) ティアーズ・オブ・ザ・サン »

2020年10月19日 (月)

(2210) ザ・ガンマン

【監督】ピエール・モレル
【出演】ショーン・ペン、ジャスミン・トリンカ、マーク・ライランス、ハビエル・バルデム
【制作】2015年、アメリカ、イギリス、スペイン、フランス

命を狙われた元スナイパーが、愛する女性と自分を守るために奮闘するバイオレンスアクション。

レアメタル採掘による富を巡って非人道的行為が横行するコンゴで、表向き警備任務に就いていたジム・テリア(ショーン・ペン)は、企業の指令により悪事にも手を染めていた。ある日、大臣暗殺計画の実行犯となったジムは、愛する女性アニー(ジャスミン・トリンカ)を残してコンゴを去る。8年が経ち、コンゴで人道的支援のNGOで働いていたジムは、突然、武装した複数の黒人に命を狙われる。返り討ちにするジムだったが、すぐに支援現場の人間を引き上げさせ、ロンドンに向かう。多国籍企業の重役となった共犯者コックス(マーク・ライランス)に心当たりを聞き、アニーの保護を頼んだフェリックス(ハビエル・バルデム)がバルセロナにいるという情報を得た聞くと、親友のスタンリー(レイ・ウィンストン)の心配をよそにバルセロナに向かう。バルセロナではアニーとフェリックスが夫婦となっていた。フェリックスはアニーとジムを再会させる。アニーはまだジムのことを思っており、彼の宿を訪ねて愛し合う。ジムはフェリックスとアニーの家に呼ばれるが、そこに暗殺集団が現れる。フェリックスは殺され、ジムはアニーを連れて脱出する。ジムとアニーはスタンリーの家に向かい、アニーを匿ってもらうと、スタンリーの情報をもとに、黒幕のコックスを追う。ジムはコックスに水族館に来るよう伝え、彼から話を聞き出そうとするが、コックスの手下に追われ、逃走。コックスはジムが落としてしまった手帳をもとにスタンリーの家をつきとめ、スタンリーを殺害。ジムは大臣暗殺計画の動画をネタにアニーを闘牛場で解放するようコックスに要求する。アニーを連れて闘牛場に現れたコックスは、手下にジムを始末させようとするが、ジムは3人の手下を葬り去る。隙を突いて逃げたアニーを追ってコックスは闘牛場の牛の出口に向かうが、ジムがアニーを上の階に引き上げ、コックスは走ってきた牛に襲われ、命を落とす。ジムはインターポールに逮捕されるが、刑期を終え、人道支援活動を続けるアニーの元に戻る。二人は強く抱き合うのだった。

ハードな映像が売りのアクション作品。主人公と敵の命の駆け引きは、あまり真剣味がなく、殺すならさっさと殺せばいいし、情報を得るならさっさと身動き取れなくすればいいのに、なんだかいろいろと脇が甘い。最後も大ボスが自ら銃を持って走って主人公に不用意に近づいて撃たれるというよくある展開。闘牛に殺されるという落ちは、オリジナリティというよりコミカルの一歩手前だった。

【5段階評価】3

|

« (2209) マダム・フローレンス! 夢見るふたり | トップページ | (2211) ティアーズ・オブ・ザ・サン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2209) マダム・フローレンス! 夢見るふたり | トップページ | (2211) ティアーズ・オブ・ザ・サン »