« (2191) コララインとボタンの魔女 | トップページ | (2193) 007 ムーンレイカー »

2020年10月 1日 (木)

(2192) 遙かなる大地へ

【監督】ロン・ハワード
【出演】トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、トーマス・ギブソン、ロバート・プロスキー、コルム・ミーニイ
【制作】1992年、アメリカ

アメリカでの土地獲得を目指す青年と女性の奮闘を描いた作品。

アイルランドの貧乏な借地人の息子ジョセフ(トム・クルーズ)は、父親の葬儀に地主の代理人スティーブン(トーマス・ギブソン)に地代滞納を理由に家に火を付けられ、その恨みを晴らすため、地主のダニエル・クリスティへの復讐を決意。ロバに乗ってクリスティの屋敷を目指す。酒場でダニエルを見つけたものの、彼は気のいい老人でジョセフは引き金を引けず、馬小屋で夜を明かす。朝になり、ダニエルの美しい娘、シャノン(ニコール・キッドマン)に目を奪われたジョセフは、物音に気づいたシャノンにピッチフォークで足を刺される。クリスティは父親に助けを求めて走り去り、それを追ったジョセフはダニエルに銃を向けるが銃は暴発し、ジョセフは気を失う。屋敷で介抱されたジョセフはスティーブンを見つけ、彼に殴りかかる。ジョセフは取り巻きに取り押さえられ、スティーブンは決闘を申し込む。その夜、屋敷での退屈な暮らしに飽き飽きしていたシャノンは、若者にタダで土地を分け与えるというアメリカに向かうことを決意。ジョセフを下僕として連れて行こうとする。一度は断るジョセフだったが、翌朝の決闘の日、馬車で迎えに来たシャノンに着いていくことを決める。
二人はボストンに到着するが、こそ泥に騙され一文無しとなる。ジョセフは持ち前の腕っ節の強さを賭けボクシングで披露し、そこを仕切るボスのケリー(コルム・ミーニイ)に気に入られて宿屋を世話してもらう。シャノンはジョセフの妹ということにして、二人で鶏加工場で働き始めるが、ジョセフは現状に満足せず、ボクシングのファイターとして活躍し始め、連戦連勝。ところがイタリア人との戦いでコテンパンにやられ、怒ったケリーに試合場から放り出される。目が覚めたジョセフは、スティーブンがシャノンを探している姿を発見。慌てて宿に戻る。そこにはケリーがおり、ジョセフとシャノンは宿から放り出されてしまう。一文無しとなった二人は留守の屋敷に忍び込み、夫婦の振りをしようと言い合い、口づけを交わす。そこに家主が帰ってきて、逃げる二人を銃で追い、発砲。シャノンは背中に銃弾を受けてしまう。困ったジョセフはシャノンをスティーブンのもとに連れて行き、シャノンのもとを去る。
8ヶ月後。鉄道敷設の作業者として働き始めたジョセフは、かつてシャノンが目指していたオクラホマの土地を目指す人達を発見。オクラホマを目指すことに決める。そこではいくつかの土地の区画に立てられた旗を最初に手にした者がその土地を手に入れるというレースが行われていた。ジョセフはレースへの参加を決める。そこには怪我の癒えたシャノンとスティーブン、そしてシャノンの両親も来ていた。レース当日。暴れ馬を何とか乗りこなすジョセフは、スティーブンが目を付けていた土地を奪うことに成功。怒ったスティーブンが馬に乗ってジョセフに襲いかかろうとしたため、ジョセフはスティーブンに飛びかかって落下。地面の岩に後頭部を打ち付け、倒れてしまう。シャノンはジョセフに駆け寄り、シャノンの行為に失望したスティーブンは土地を諦めて去って行く。ジョセフはシャノンに愛を告白し、息絶える。シャノンは自分も初めて会ったときからずっと好きだったと告げて悲しむが、ジョセフは息を吹き返す。二人は口づけを交わすと、二人で地面に旗を突き立てるのだった。

当時夫婦だったトム・クルーズとニコール・キッドマンの共演作品。当時はまだアクションスターというイメージではなかったが、ボクシングのシーンでは鍛えた肉体を疲労している。
内容的に、大草原を旅するロードムービーのような展開を想像していたが、移動のシーンは限定的で大草原のシーンも後半のみ。街のシーンが長いのは意外だった。アメリカンドリームを実現する運命の浮沈、そして男女二人の出会いと別れの起伏の双方が激しく変化するダイナミックな作品。

【5段階評価】4

|

« (2191) コララインとボタンの魔女 | トップページ | (2193) 007 ムーンレイカー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2191) コララインとボタンの魔女 | トップページ | (2193) 007 ムーンレイカー »