« (2141) 山猫は眠らない2 狙撃手の掟 | トップページ | (2143) 山猫は眠らない4 復活の銃弾 »

2020年8月12日 (水)

(2142) 山猫は眠らない3 決別の照準

【監督】P・J・ピース
【出演】トム・ベレンジャー、バイロン・マン、ジョン・ドーマン、ジーネッタ・アーネット
【制作】2004年、アメリカ

米軍の狙撃兵が、命の恩人である戦友の暗殺に挑む。「山猫は眠らない2 狙撃手の掟」の続編。

米軍のベテラン狙撃兵、トーマス・ベケット(トム・ベレンジャー)は、ベトナム戦争で亡くなった戦友、ポール・フィネガン(ジョン・ドーマン)の息子の結婚式に招かれる。未亡人のシドニー(ジーネッタ・アーネット)とは互いを意識しつつも、距離を縮められずにいた。そんなトーマスに、NSAのエイブリー副長官(デニス・アーント)から、ベトナムでテロに加担しているフィネガン暗殺の極秘指令が下る。フィネガンは生きていたのだ。ベケットは悩みつつも承諾し、ベトナムに渡る。現地の連絡員は、表向きはベトナムの警察官として働いているクアン(バイロン・マン)。二人は協力してフィネガンの暗殺を計画。ベケットは建物の屋上から狙撃を実行するが、弾は外れてしまう。すると何者かがベケットを銃撃。ベケットは何とか返り討ちにするが、現地警察に逮捕されてしまう。投獄されたベケットはフィネガンと再会する。彼は悪の道に染まっていた。ベケットは移送されることになるが、警察署が爆破され、ベケットは脱出する。ベケットはクアンを呼び出し、フィネガンが潜伏していると思われる地下壕に向かう。フィネガンは10代の若者を大勢率いた地下帝国を築いていた。足を滑らせたクアンがフィネガンの手下に捕まってしまう。クアンは若者に銃を突きつけられ、フィネガンはクアンを盾にして銃を向けるベケットから身を隠す。フィネガンは、ベトナム戦争時代、エイブリー、そして次期大統領候補のジョン・ゲイリー上院議員とともにドラッグと人間狩りに溺れ、9人を殺害し、同行していたAPカメラマンを口封じのために殺したことを告白。エイブリーとゲイリーは、フィネガンとベケットを二人とも亡き者にしようと画策していたのだ。ベケットは、クアンに銃を向けている若者の手の甲を撃つ。若者の手は反動でクアンから逸れ、背後にいるフィネガンの脳天に向けて引き金を撃ってしまう。フィネガンは即死。若者達は、自分たちを支配するコブラを倒したマングースだとベケットを崇める。ベケットは無事にその場を去り、米軍ヘリに救出されるのだった。

本作も、現地民は現地語でやりとりし、リアリティを追求しながら、ちょっとしたどんでん返しを交えたストーリーに、派手すぎず地味すぎずの展開が心地よい。クライマックスでのフィネガンの仕留め方や、緊迫した場面でのフィネガンの独白はいかにも映画的ではあるが、実際、映画なんだから仕方がない。評価4をつけるには至っていないが、結構面白いシリーズだ。

【5段階評価】3

|

« (2141) 山猫は眠らない2 狙撃手の掟 | トップページ | (2143) 山猫は眠らない4 復活の銃弾 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2141) 山猫は眠らない2 狙撃手の掟 | トップページ | (2143) 山猫は眠らない4 復活の銃弾 »