« (2158) コンフィデンスマンJP ロマンス編 | トップページ | (2160) 怪物はささやく »

2020年8月29日 (土)

(2159) パーフェクト ストーム

【監督】ウォルフガング・ペーターゼン
【出演】ジョージ・クルーニー、マーク・ウォールバーグ、ダイアン・レイン、ジョン・C・ライリー
【制作】2000年、アメリカ、ドイツ

1991年に大西洋で発生した巨大な嵐に巻き込まれた漁船の運命を描いたディザスター映画。

話としてはシンプルで、マサチューセッツ州グロスターのメカジキ漁船が巨大嵐「パーフェクトストーム」に巻き込まれ、奮闘むなしく全員が帰らぬ人となる。途中で救助ヘリと巡視船の奮闘が織り込まれている。

作品の目玉はCGと実写を駆使した海の猛威の描写。船員役のマーク・ウォールバーグが吐きながら演技をし、仕事を降りたいほどつらくて涙を流したら監督からいい演技だと言われたということだ。
技術力を駆使して撮影しているとは思うものの、やはりところどころCGっぽいし、船はセットの中で揺れている感じがしてしまうし、映像が作り物めいていて、現実と見分けがつかないほどのCG技術はまだ難しい頃の作品だったのだな、ということも見えてしまう。ストーリー的にもそれほど感動的というほどではなく、乗員全員が海に飲まれるという最悪のバッドエンドであり、感動の作品というわけにはいかない。実際の出来事を映画として描きあげたことは称賛に値するが、何度も観たくなるような感動や映像的魅力は乏しかった。ぶっちゃけDVDを購入した作品なので、テレビ録画で観る必要はあまりないわけだが。

【5段階評価】3

|

« (2158) コンフィデンスマンJP ロマンス編 | トップページ | (2160) 怪物はささやく »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2158) コンフィデンスマンJP ロマンス編 | トップページ | (2160) 怪物はささやく »