« (2145) 山猫は眠らない6 裏切りの銃撃 | トップページ | (2147) レディ・プレイヤー1 »

2020年8月16日 (日)

(2146) 山猫は眠らない7 狙撃手の血統

【監督】クラウディオ・ファエ
【出演】チャド・マイケル・コリンズ、ダナイ・ガルシア、トム・ベレンジャー、ジョー・ランドー
【制作】2017年、アメリカ

麻薬カルテルのボスに雇われたスナイパーと戦う米軍兵の活躍を描いたアクション作品。「山猫は眠らない6 裏切りの銃撃」の続編。

米軍の優秀な狙撃手、ブランドン・ベケット(チャド・マイケル・コリンズ)は、コロンビアの麻薬カルテルのボス、ヘスス・モラレス(フアン・セバツティアン・カレロ)の拘束任務に就く。コロンビアで彼を3年間追い続けてきた女性麻薬捜査官ケイト・エストラーダ(ダナイ・ガルシア)も作戦部隊の一員となるが、彼がいる建物の情報はガセネタで、退院が侵入したとたん、建物は爆発。混乱の中、森に潜伏している狙撃手がエストラーダを狙う。しかし彼女が車の影にいたため、狙撃手は爆発でもうろうとしているガルサ警部の足を撃つ。ケイトは警部を抱えて物陰に隠れようとするが、第二射が発射され、警部は致命傷を負って死亡する。国土安全保障省のジョン・サムソン(ジョー・ランドー)はケイトとブランドンにアメリカに帰るよう示唆するが、ブランドンは48時間の猶予をもらい、捜査の指揮を執る父、トーマス・ベケット(トム・ベレンジャー)は承諾する。二人は麻薬取締局の隠れ家に移るが、狙撃手のディアブロ(アンドレス・フェリペ・カレロ)は屋上で警戒するブランドンを狙撃。ブランドンは間一髪で逃れる。ブランドンは敵の狙撃手が、最新鋭の誘導型の銃弾を使っていることを突き止める。ブランドンの恩師リチャード・ミラー(ビリー・ゼイン)は、それがコロンビアの犯罪組織に流れているのはゆゆしき事態だと告げる。
ブランドンとケイトは自分たちの居場所が敵に漏れていると確信、ケイトは自分が信頼するカルロス神父のもとに潜伏する。しかしディアブロは神父を人質にとって二人をおびき寄せる。神父は夜の公園で首を吊った状態で放置され、ブランドンは神父を助けるために縄を撃つが、ディアブロは銃口の光を手がかりにブランドンの居場所に銃弾を浴びせ、神父も撃ち殺してしまう。
ブランドンは神父の葬式で悲しみの表情を浮かべていたモラレスの手下を説き伏せ、モラレスの居場所を聞き出し、モラレスはついに逮捕される。ディアブロが証拠隠滅のためにモラレスを暗殺すると読んだブランドンらは、モラレスの護送中を警戒。黒塗りの車に囮を乗せてモラレスはクリーニング屋の車に乗せたと思い込ませてディアブロを撹乱。距離に反応して爆発する銃弾を使ってディアブロを仕留める。モラレスらに情報を流していたのはジョン・サムソンだった。彼は逮捕される。ブランドンはリチャードやトーマスと別れを惜しむのだった。

本作は1作目と同じく南米が舞台。しかしジャングルではなく市街地が中心なので、雰囲気は全く異なる。毎回、様々な国の様々な土地環境が舞台になるのが本シリーズの面白いところだ。本作は誘導弾や一定距離で爆発する銃弾などの最新武器が登場するのが見所。豪語していた密売組織のボスがあっさり逮捕されてしまうのはなんだかな、という感じだが、真の敵は敵のスナイパーというのは、本シリーズの定番なのでよしとしよう。敵のスナイパーが最新鋭の武器を持っていたりアメリカへの入国を楽々果たす謎にもジョンの手が回っていたという説明が付いており、物語としてもあまり無理がなかった。ただ、序盤でブランドンの認める優秀な狙撃手が自殺した原因がストーリーにどう絡むのかと思っていたら全く関係なかったのはちょっと残念だった。1~7作を一気観しての感想としては、どれも大外れ、というものはなかった。劇場未公開のものもあり、テレビドラマみたいなできばえなのかもと思ったが、様々な国の自然環境や都市環境を表情豊かに映像化し、現地人はちゃんと現地語でしゃべる。銃撃シーンの特撮も、パンパン撃ってギャーッと倒れるだけのような手抜き映像ではなく血しぶきなどをきちんと映像にして迫力を出しているし、ストーリーにも常に一ひねりあり、観ていて飽きがなかった。設定も典型的なバディものの1作目から、一風変わったバディものの2作目、古い戦友との関係を描いた3作目、世代交代した4作目、親子の活躍を描いた5作目、チーム戦を描いた6作目と多彩。制作はアメリカだが、ド派手なアクションというよりは静かに相手を狙う狙撃手のヒリヒリするような緊張感が売りなので、アメリカ人より日本人の好みに合いそうなシリーズだった。8作目はついに日本人の秋元才加が出演。ぜひ観てみたい。テレビで(ぉぃ)。

【5段階評価】3

|

« (2145) 山猫は眠らない6 裏切りの銃撃 | トップページ | (2147) レディ・プレイヤー1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2145) 山猫は眠らない6 裏切りの銃撃 | トップページ | (2147) レディ・プレイヤー1 »