« (2130) 野獣捜査線 | トップページ | (2132) さびしんぼう »

2020年8月 1日 (土)

(2131) 老人と海

【監督】ジョン・スタージェス
【出演】スペンサー・トレイシー、フェリッペ・パゾス、ドン・ダイアモンド
【制作】1958年、アメリカ

アーネスト・ヘミングウェイの名作小説を映画化した作品。巨大カジキと戦う老いた漁師と、漁師を慕う少年を描いている。

キューバのサンチャゴ(スペンサー・トレイシー)は、小舟で漁をする貧乏な老漁師。少年(フェリッペ・パゾス)は老人の面倒を見ながらともに漁をすることを願っている。少年が見守る中、漁に出たサンチャゴは、沖で巨大な引きを感じ、3日がかりで巨大なカジキを仕留める。船に乗るサイズではなかったため、サンチャゴは船の横にカジキをくくりつけるが、帰路でサメの攻撃に遭う。サンチャゴは銛やオールにナイフを結びつけた即席の武器でサメを追い払おうとするが、多勢に無勢。次第にサンチャゴは何と戦っているのかも分からない状態となり、完全な敗北を味わう。サンチャゴが街に戻ったときには、カジキは無残な骨ばかりの姿になってしまう。
それでも巨大カジキの背骨に街の人は驚き、食堂の主人(ドン・ダイアモンド)もサンチャゴを称える。少年はサンチャゴにコーヒーを持って行き、次はともに漁に出ることを約束するのだった。

ナレーションと老人の独白で成り立っており、まさに小説を読んでいるような作品。画質のせいか、背景が油絵のような風情を見せていた。
「どうぶつの森」であっさりとカジキを釣り上げてごめんなさい、という気持ちになった。

【5段階評価】3

|

« (2130) 野獣捜査線 | トップページ | (2132) さびしんぼう »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2130) 野獣捜査線 | トップページ | (2132) さびしんぼう »