« (2113) スポットライト 世紀のスクープ | トップページ | (2115) 特捜部Q キジ殺し »

2020年7月10日 (金)

(2114) いぬのえいが

【監督】黒田昌郎、祢津哲久、黒田秀樹、犬童一心、佐藤信介、永井聡、真田敦
【出演】中村獅童、小西真奈美、伊東美咲、宮崎あおい、天海祐希、川平慈英、佐藤隆太、乙葉、高橋克実、田中要次、木村多江
【制作】2004年、日本

犬を巡るエピソードを繋いだオムニバス形式の作品。

スポンサーと芸能事務所のいいなりになってめちゃくちゃなCMを作らされるCMプランナー、山田(中村獅童)は、仕事に疲れ、子どもの頃に出会った犬のことを思い出す。彼は空き地で野良犬と出会い、ポチと名付けてかわいがるが、ポチと遊んでいるときに病状が悪化し、東京の病院に運ばれてしまう。ポチは山田少年を追って様々な人々と出会いながら、最後は山田の入院していた病院で息を引き取る。
この話を中心に、序盤はコミカルに、徐々に犬との出会いと別れを感傷的に描いている。

お涙ちょうだいになりすぎず、それゆえ映画館で観るべき感動作というほどでもない、ほのぼのとした作品だった。犬好きには楽しいかもしれない。

【5段階評価】3

|

« (2113) スポットライト 世紀のスクープ | トップページ | (2115) 特捜部Q キジ殺し »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2113) スポットライト 世紀のスクープ | トップページ | (2115) 特捜部Q キジ殺し »