« (2085) 暗殺教室 ~卒業編~ | トップページ | (2087) カンフー・ヨガ »

2020年6月 8日 (月)

(2086) モダン・タイムス

【監督】チャールズ・チャップリン
【出演】チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード、アラン・ガルシア、ヘンリー・バーグマン
【制作】1936年、アメリカ

工場の作業員として働いている男と身寄りのない少女が出会い、ともに歩んでいく様子を描いたコメディ。

おっちょこちょいな工場作業員の男(チャールズ・チャップリン)は、単純作業の繰り返しで頭がおかしくなり、病院送りに。退院したところを、共産主義のデモのリーダーと間違われて逮捕される。男は麻薬密売人の薬を誤って口にし、ハイになったおかげで、暴動を起こした囚人を打ちのめし、刑務所の役人に感謝される。仕事の紹介状を手に入れて釈放されるが、ドジばかりで仕事はうまく行かない。
父親を失った少女(ポーレット・ゴダード)は、配達中のパンを盗んで逃げようとするが、配達人に捕まってしまう。そこに居合わせた作業員の男が彼女の身代わりになる。男は逮捕されるが、少女も捕まってしまう。二人は護送中の車から脱走し、共同生活を始める。少女はレストランの踊り子として名を挙げる。少女は色のない男にレストランの仕事を紹介。男は見事な歌で客を魅了。店主(ヘンリー・バーグマン)は喜ぶ。少女の脱走がばれて二人は逃げ出すが、手を取り合って未来に歩み出すのだった。

チャップリンの最も有名な代表作だろう。工場の歯車の間を男がながされていくシーンや、手を繋いだ男と少女が道路を歩いて行くシーンなど、印象的で有名なシーンの多い作品。落下すれすれのところでローラースケートをするシーンがよくできている。
本作はセリフがシーンの合間に文字で出るのだが、一部のセリフや歌は映像に乗って流れたりして、サイレントとトーキーの過渡期のような作りになっている。

【5段階評価】3

|

« (2085) 暗殺教室 ~卒業編~ | トップページ | (2087) カンフー・ヨガ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2085) 暗殺教室 ~卒業編~ | トップページ | (2087) カンフー・ヨガ »