« (2076) ライアー ライアー | トップページ | (2078) 名探偵コナン 紺青の拳 »

2020年5月28日 (木)

(2077) シャドー・チェイサー

【監督】マブルク・エル・メシュリ
【出演】ヘンリー・カビル、ベロニカ・エチェーギ、シガニー・ウィーバー、ブルース・ウィリス、ジョゼフ・マウル
【制作】2012年、アメリカ

拉致された家族を救うために奮闘する青年の死闘を描いたサスペンス。

家族と会うためにスペインに渡った青年ウィル・ショー(ヘンリー・カビル)は、父マーティン(ブルース・ウィリス)のヨットで家族と海に出る。ところが、買物のために陸に上がり戻ってくると、父のほか、乗っていた母親(キャロライン・グッドール)、弟(ラフィ・ガブロン)とその恋人(エマ・ハミルトン)が姿を消していた。ウィルは警察に駆け込むが、なぜか拉致されそうになる。そこにマーティンが現れ、彼を救う。マーティンは、自分がCIAの捜査官であることを明かし、ともに家族を助けようとウィルに伝えるが、同僚のジーン・キャラック(シガニー・ウィーバー)と話した後、何者かに狙撃され殺されてしまう。ウィルは父親の携帯と銃を手に逃走。父親の通話記録をもとに電話の相手を訪ね、ルシア(ベロニカ・エチェーギ)という女性と出会う。ウィルはキャラックと再会。ウィルに協力を求めていたキャラックは本性を現し、ウィルとルシアに銃を向ける。キャラックは、マーティンを騙して機密情報を手にし、それを犯罪組織に渡して大金を得ようとしていたのだ。ウィルとルシアは何とか逃げ切るが、ウィルは原二十段を受けていた。ルシアはウィルを仲間のもとに連れ込み、応急措置をする。ルシアはマーティンとその愛人との間に産まれた娘で、ウィルの腹違いの妹であることが判明する。
ウィルは、父の電話にかかってきた指示に従い、太陽の門の広場に向かうが、そこでイスラエルの情報機関モサドのザヒール(ロシュディ・ゼム)に拉致される。キャラックの狙っている機密情報はモサドのもので、彼らはそれを奪い返そうとしていた。ザヒールは、ウィルをおとりにキャラックをおびき出させることにする。ウィルはルシアのもとに戻り、ルシアの仲間と協力して、キャラックの右腕、ゴーマン(ジョゼフ・マウル)を捕らえ、彼を解放して尾行し、キャラックの取引現場を突き止める。キャラックは機密情報の入ったトランクを持って逃走。ウィルはルシアを乗せてキャラックとカーチェイスを繰り広げる。ウィルの車は横転し、身動きのとれなくなったウィルにキャラックが銃口を向けるが、駆けつけたザヒールの放った銃弾がキャラックを貫き、彼女は絶命。ウィルは家族との再会を果たすのだった。

出演者が豪華だったので観ることを決めたが、ブルース・ウィリスは序盤で死亡。以降、登場しないので、やや騙された感。シガニー・ウィーバー演ずるキャラックも、典型的な頭の悪い悪役ボスで、狡猾な役どころのはずなのに、取引現場の駐車場で周囲に聞こえるような声で相手とやりとりし、感づかれたと知るや相手を撃ち殺して逃走。挙げ句の果てにはウィルに逆上したのか、町なかで衆人環視の中、発砲。逃げればいいのにウィルを執拗に攻撃し、最後は狙撃されて死ぬ。「スピード」、「ダイ・ハード3」に匹敵する、知能犯の無能化・腕力主義化という落ち。ちなみにキャラックの右腕、ゴーマン(ジョゼフ・マウル)も、敵の店であっけなくつかまったり、尾行されているとも知らずにキャラックの元に戻ったり、序盤の不敵なキャラから一転して無能ぶりをさらす。
ラストシーンで、ウィルはCIAの幹部(コルム・ミーニイ)と会話。えっ、実は彼もまたCIAの捜査官だったというどんでん返しか、と思ったが、そうではなかったようだ。そのほうが、ウィルのタフさの説明になるし、父親がCIAであることを隠していたことに憤慨していたウィルが、実は自分もCIAだったという落ちの方が面白かったように思う。

【5段階評価】2

|

« (2076) ライアー ライアー | トップページ | (2078) 名探偵コナン 紺青の拳 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2076) ライアー ライアー | トップページ | (2078) 名探偵コナン 紺青の拳 »