« (2046) TAXi3 | トップページ | (2048) エレクトラ »

2020年4月 8日 (水)

(2047) TAXi4

【監督】ジェラール・クラブジック
【出演】サミー・ナセリ、フレデリック・ディーファンタル、エマ・シェーベルイ、ベルナール・ファルシー、ジャン=リュック・クシャール
【制作】2007年、フランス

凶悪犯の逮捕に挑む警察と、それに協力するタクシードライバーの活躍を描いたコメディ。「TAXi3」の続編。

どじな警察官、エミリアン(フレデリック・ディーファンタル)の勤める警察署が、ベルギーの凶悪犯バンデンボッシュ(ジャン=リュック・クシャール)の護送を依頼されるが、エミリアンはバンデンボッシュの一味に騙され、彼を解放してしまう。エミリアンは親友のタクシードライバー、ダニエル(サミー・ナセリ)と協力し、バンデンボッシュの一味を追跡。エミリアンは彼らのアジトへの潜入を失敗して捕まるが、中にいたのは潜入捜査中の妻のペトラ(エマ・シェーベルイ)。応援に駆けつけた署長のジベール(ベルナール・ファルシー)と大乱闘の末、犯人を逮捕する。

カーアクションや格闘の見せ場はほとんどなくなり、部屋の中を乱射する銃撃シーンとドタバタコメディのシーンの連続。出だしのサッカーシーンやバンデンボッシュを解放するまでのやりとりなどはかったるく、映画の続編がつまらなっていくさまをまざまざと見せつけられた作品だった。

【5段階評価】2

|

« (2046) TAXi3 | トップページ | (2048) エレクトラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2046) TAXi3 | トップページ | (2048) エレクトラ »