« (2033) それでも夜は明ける | トップページ | (2035) シンドラーのリスト »

2020年3月18日 (水)

(2034) 翔んで埼玉

【監督】武内英樹
【出演】GAKTO、二階堂ふみ、伊勢谷友介、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、中尾彬、京本政樹
【制作】2019年、日本

魔夜峰央(まやみねお)の漫画が原作。東京に戦いを挑む埼玉県人を描いたギャグ作品。

東京に虐げられてきた埼玉が、千葉と手を組み、都知事の不正を暴く、という話。

地域差別を助長しかねないシーンは、あまり見ていて愉快ではないが、まず、このくだらない作品にGACKTが主演で出ていることが愉快。群馬県に翼竜が飛んでいたり、千葉の大スターとして市原悦子が出てきて麗(GACKT)がビビるとか、大胆なデフォルメやギャグに、思わずくすっと笑ってしまうところもちらほら。
登場人物も出身地で固めているのかと思ったら、GACKTも二階堂ふみも沖縄出身だし、千葉のリーダー役の伊勢谷友介は東京出身だったり、関係なかった。

【5段階評価】3

|

« (2033) それでも夜は明ける | トップページ | (2035) シンドラーのリスト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2033) それでも夜は明ける | トップページ | (2035) シンドラーのリスト »