« (2021) ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ | トップページ | (2023) マスカレード・ホテル »

2020年3月 5日 (木)

(2022) GAMBA ガンバと仲間たち

【監督】河村友宏、小森啓裕
【出演】梶裕貴(声)、野村萬斎(声)、高木渉(声)、神田沙也加(声)、大塚明夫(声)
【制作】2015年、日本

街ネズミの男の子がイタチの攻撃に悩まされている島のネズミを救うために活躍する様子を描いた3DCGアニメ作品。

街ネズミのガンバ(梶裕貴)は、相棒のマンプク(高木渉)と海を見に行き、そこで船乗りネズミのヨイショ(大塚明夫)たちと知り合う。そこに島ネズミの男の子、忠太(矢島晶子)が現れ、ノロイ(野村萬斎)率いるイタチの大群に仲間が襲われている、と助けを求める。みんなが尻込みする中、ガンバは忠太とともに島に向かうことを決め、ヨイショやガクシャ(池田秀一)、ボーボ(高戸靖広)、イカサマ(藤原啓治)、そしてマンプクもともに向かう。忠太の帰りを信じて待っていた姉の潮路(神田沙也加)と再会を果たし、島のネズミとともにイタチの襲撃に備える。しかし、イタチの攻撃は強力。ノロイは夜が開けると余裕を見せ、いったん引き上げる。ガクシャは、島に伝わる歌が、海に隔てられた隣の島に年に一度、渡ることができるという隠された意味を持つことに気づく。潮路たちは、ガンバがイタチを引きつける間に、仲間を連れて海を渡る。ガンバは6匹のイタチを引きつけるが、残りはネズミたちの策略に気づき、追ってくる。ヨイショたちは海の真ん中で迎え撃つが、ノロイたちに囲まれてしまう。そこに、ガンバが、途中で知り合ったオオミズナギドリのツブリ(野沢雅子)に乗って現れる。ガンバは仲間とともに死闘の末、ノロイを倒し、海に沈むガンバを潮路が助ける。潮路は「愛してる」の花言葉を持つ赤いソテツの花をガンバに渡す。ガンバはツブリに乗り、新たな冒険に胸を躍らせるのだった。

古いアニメかと思ったらCGアニメだった。話としては、それほど奇をてらったものではなく、イタチスはとことん悪者で、仲間のボーボが途中で死に、道中に知り合った仲間が危機を救ったり、と、ステレオタイプな展開。大人が楽しむにはちょっと物足りなかった。

【5段階評価】3

|

« (2021) ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ | トップページ | (2023) マスカレード・ホテル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2021) ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ | トップページ | (2023) マスカレード・ホテル »