« (2001) アジョシ | トップページ | (2003) 僕だけがいない街 »

2020年2月10日 (月)

(2002) SPOOKS スプークス/MI-5

【監督】バハラット・ナルルーリ
【出演】キット・ハリントン、ピーター・ファース、ジェニファー・イーリー、エリス・ガベル、タペンス・ミドルトン、ララ・パルバー
【制作】2015年、イギリス

テロリストとイギリス諜報機関MI-5との戦いを描いた作品。spooksとは、お化けという意味だが、スパイの意味もある。「白いカラス」で主人公の教授が授業中に言って問題になったこの言葉は、黒人を侮辱する意味もある。

MI-5がテロリストのアデム・カシム(エリス・ガベル)の護送中、バイクに乗った武装集団に襲われ、カシムを奪われてしまう。市民の被害を恐れてカシムの檻を解放したハリー・ピアース(ピーター・ファース)だったが、MI-5は批判を浴び、ハリーは姿を消す。元MI-5のホロウェイ(キット・ハリントン)は、MI-5首脳部からハリーの行方を探すよう指示される。断るホロウェイだったが、長官(ティム・マッキナリー)からハリーがホロウェイの父の死の真相を知っていることをほのめかされ、協力することにする。ハリーは逆に、ホロウェイを空港に呼びつけ、MI-5にいる裏切り者を暴く協力をさせようとする。ホロウェイは、カシムの護送チームにいたジューン・キートン(タペンス・ミドルトン)に近づく。彼女と一緒に車に乗っていたロバート(マイケル・ワイルドマン)が怪しいとにらんだ二人は、マンションに住むロバートの部屋に侵入。ゴミ箱から多額の入金があった口座の明細書を発見する。そこにロバートが帰ってくる。ホロウェイがベランダに出てハリーに状況報告をすると、ハリーは黒幕を聞き出せ、と告げる。そのとき、部屋の中で大きな物音がしたため、ホロウェイは慌てて部屋に戻る。すると、ジューンが倒れていて、ロバートが部屋から逃げようとしていた。ホロウェイはロバートに飛びかかり、格闘となる。ロバートがホロウェイに銃を向けた瞬間、銃声が鳴り響き、ロバートが倒れる。ジューンがロバートを撃ったのだった。ロバートは黒幕の存在を話すことなく絶命する。
MI-5を支援していたフランシス議員(デビッド・ヘアウッド)が自爆テロの犠牲となり、カシムが犯行声明を行う。ハリーがカシムに接近していることを知っていたホロウェイは犠牲者の発生に繋がったハリーのやり方を責めるが、ハリーは、ロシアに捕らえられているカシムの妻アスマを連れ出す作戦を提案する。ホロウェイにMI-5のシステムに入らせ、ネットハッキングをして西側スパイの情報を入手したハリーはロシアに向かうが、ホロウェイとジューンがハリーを突き止める。ジューンはハリーの偽造パスポートを作成したと告げ、アジトに招くが、ハリーは新米のジューンを怪しむ。果たしてジューンは、上層部の指令により動いていた。ホロウェイとハリーはジューンを拘束。ロバートの件も上層部の指示により、ロバートが犠牲になるよう仕組んだものだった。ホロウェイとハリーは、予定通りアスマを確保しに行くが、アスマは流産に伴う事故ですでに死んでいた。
ロンドンに戻ったハリーは、MI-5のハナ(エレノア・マツウラ)をアスマ役に仕立ててカシムから爆破テロの情報を得ようとするが、失敗。ハリーはカシムと電話で話し、ハナにテロ組織のアジトの場所を告げる。ホロウェイとハリーはMI-5に捕らえられる。MI-5長官らは防弾ガラスに囲まれた会議室の中で、なぜハリーがカシムから爆弾のありかを聞き出せたのか尋ねるが、ハリーは答えない。そこに武装した集団とともにカシムが現れる。彼はMI-5に潜入することを条件にハリーと取り引きしていたのだ。カシムはMI-5の壊滅をもくろむが、会議室の外にいたホロウェイは、ジューンと協力して武装団の一人の手榴弾を防弾ガラス近くで爆発させ、中にいたカシムを撃ち殺す。ハリーと長官は無事だった。
ハリーは、会議室の中でもう一人生き残ったジェラルディン(ジェニファー・エール)を尋ねる。MI-5の裏切り者は彼女だった。ハリーは「逃げ道」と書かれた小袋を取り出す。それは、MI-5の取調室にいたハリーに、ジェラルディン自身が渡した物で、飲んで6時間経つと象徴に異変が生じて死に至る毒薬だった。ジェラルディンが、それを私が飲むと思うのか、と開き直ると、ハリーは小袋を開け、中味は二人で食事の際に飲んだ、と告げる。顔面蒼白となるジェラルディンを置いて、ハリーは立ち去る。
ハリーは外で待っていたホロウェイに会い、彼の父親が勇敢に亡くなったことを告げると、ホロウェイが産まれる日だということで父親が身につけていた指輪をホロウェイに託すのだった。

キャストは違うものの、イギリスのテレビドラマがもとになっているということで、序盤は「早く終わらないかな」という感じで見ていたが、映像は割と本格的で、後半は引き込まれた。少し詰め込みすぎの内容で、感情移入がしづらかったが、最後のどんでん返しも効いていて、よかった。

【5段階評価】3

|

« (2001) アジョシ | トップページ | (2003) 僕だけがいない街 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (2001) アジョシ | トップページ | (2003) 僕だけがいない街 »