« (1982) さくらん | トップページ | (1984) バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 »

2019年12月30日 (月)

(1983) ファイヤーフォックス

【監督】クリント・イーストウッド

【出演】クリント・イーストウッド、フレディ・ジョーンズ、ウォーレン・クラーク

【制作】1982年、アメリカ

ソビエト連邦の新型戦闘機の略奪を狙う米軍の作戦を描いた作品。

米軍は、ソビエト連邦がファイヤーフォックスと呼ばれる戦闘機、Mig-31を開発したという情報を入手。退役した優秀な元パイロット、ミッチェル・ガント(クリント・イーストウッド)はソ連に身分を偽って潜入し、戦闘機を盗み出すという命を受ける。
仲間の命賭けの協力を得ながら基地に潜入。ソ連軍のボスコフ中佐になりすまし、仲間の起こした陽動作戦に乗じてファイヤーフォックスに乗り込み、基地を脱出。ソ連軍を欺いて流氷上で潜水艦から給油を受ける。2号機に乗り込んだボスコフの猛追を受けるが、ガントは撃墜に成功。アメリカに飛び去るのだった。

特徴的な機体はおそらく当時としては斬新で、空中戦やジェットエンジンが雪煙や水しぶきをあげるシーンなどはインパクトがある。クリント・イーストウッドの監督としての幅の広さを感じる作品だった。
一方で、アメリカの映画らしく、ソ連の軍人同士が常に英語でやりとりするという不自然な設定。ガントはロシア語ができるという設定なのに、なぜソ連兵と英語でやりとりするのか、理解不能。ロシア語の会話シーンもあるのに、何で徹底しないのか、そこは残念だった。

【5段階評価】3

|

« (1982) さくらん | トップページ | (1984) バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (1982) さくらん | トップページ | (1984) バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 »