« (1957) 劇場版アイカツ! | トップページ | (1959) 旅猫リポート »

2019年10月24日 (木)

(1958) ブレイクアウト

【監督】ジョエル・シューマッカー
【出演】ニコラス・ケイジ、ニコール・キッドマン、リアナ・リベラト、ベン・メンデルソーン、キャム・ギガンデット
【制作】2011年、アメリカ

金品目的で豪邸に侵入した強盗から家族を守ろうとする男の奮闘ぶりを描いた作品。

ダイヤモンドの商売をしているカイル・ミラー(ニコラス・ケイジ)には、愛する妻サラ(ニコール・キッドマン)と愛娘のエイブリー(リアナ・リベラト)がいた。家族で夕食をとろうという計画の日、エイブリーは、親に内緒で家を抜け出し、友達とパーティにでかけ、その間に強盗団が押し入る。強盗団は4人。ボスのエライアス(ベン・メンデルソーン)、その弟のジョーナ(キャム・ギガンデット)、攻撃的な性格のタイ(ダッシュ・ミホク)、エライアスの恋人、ペタル(ジョーダナ・スパイロ)。エライアスは、カイルに金庫を開けるよう脅すが、カイルは頑として開けようとしない。サラは強盗団のひとり、ジョーナが、家に修理工としてたびたび入り込んでいた男だと気づく。ジョーナはサラに気があり、彼女に手を触れるな、と強盗団に再三指示を出す。やがてエイブリーが帰宅し、彼女も捕らえられるが、サラはエライアスの持っていた神経毒の注射を盗み取って強盗団のひとりの首につきつけ、エイブリーを逃がすよう指示。エイブリーが逃げたのを見て、ついにカイルは金庫を開けるが、中はからっぽだった。カイルはお金はないのだ、と告げる。エイブリーは連れ戻されてしまう。屋敷に金目の物がないことを知らされたエイブリーは、3人を始末しようとするが、エイブリーが、友人の家に禁固があり、そこに20万ドルある、と告げ、ペタルを乗せて車で友人の家を目指す。エライアスは麻薬密売人だったが、18万ドルの麻薬を何者かに奪われてしまったため、どうしても18万ドルが必要だったのだ。エイブリーは、運転していた車をわざと標識に激突させ、ペタルのもとから逃げると、ペタルの銃を持って家に戻る。家では、ジョーナがサラに、カイルを置いて一緒に行こうと告げ、カイルは一緒に行くよう妻に告げる。サラはジョーナに連れられていこうとしたところ、タイがジョーナを阻止しようとしてもみ合いになり、タイがジョーナの首を絞める。背後からエライアスがタイを撃つ。タイは死ぬ間際、麻薬の強奪を企てたのはジョーナで、彼はサラを我が物にするために、カイルの家に強盗に入るよう仕組んだのだ、とエライアスに告げる。逃げる二人をエライアスは追い詰め、工事中のような部屋の中で二人はつかまる。カイルはネイルガンでエライアスを攻撃し、エライアスと撃ち合いになり、そのはずみで壁の一部が崩れ、中から大金が現れる。カイルが密かにためた金だった。エライアスはようやく見つけた大金に喜び、エライアスはカイルとサラに銃を突きつけて息の根を止めようとするが、そこに銃を持ったエイブリーが現れ、エライアスに銃を向ける。しかし、サラを撃とうとするエライアスを撃ったのは、彼の背後にいたジョーナだった。ジョーナは大金をかき集めながらサラに声をかけるが、カイルはこぼれた灯油にライターで火を付け、サラとエイブリーを逃がすと、ジョーナの足にネイルガンを打ち込む。ジョーナはカイルを撃ち殺そうとするが、戻ってきたサラがカイルをかばう。サラは、ジョーナに銃を渡して、と優しく話しかけるが、ジョーナはサラを羽交い締めにして一緒に死ね、と告げる。カイルは落ちていた銃でジョーナを撃ち、サラはなんとかカイルを外に連れ出す。3人は何とか助かるのだった。

展開がめまぐるしく、飽きさせないようにしているのと、なぜ金庫はからなのか、サラとジョーナは本当に恋愛関係にあるのか、という謎も織り交ぜて、そこそこ凝った作りになっているものの、犯人側の犯行計画の雑さに知性が感じられない残念な作品だった。まず、家族3人がいるはずだったのに、襲撃したとき娘がいないという失態。そしてそのうち戻ってくるだろう、という適当な対応策。付いてきた強盗団の女はクスリでイカれていて役立たず。ダイヤを盗もうとしたのに、盗品のダイヤを売ろうとしても売れないとカイルに説得されてあっさりひるむ。友人のパーティ会場に金があると言われて、ヤク中の女性ひとりだけを付き添わせる。当然のお約束で、結局、犯人側は主人公も主人公の家族も殺さない。こんな調子だと、いくら展開がめまぐるしく変わっても、なかなか興奮できないのだった。
序盤、カイルが車から降りるシーンで、ちらっと手錠が映るので、潜伏調査をしている刑事か何かなのかと思ったら、単にスーツケースと自分の手を手錠で繋いでいるだけだった。だったらもっとちゃんと映してほしい。それもなんだかまぎらわしかった。

【5段階評価】3

|

« (1957) 劇場版アイカツ! | トップページ | (1959) 旅猫リポート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (1957) 劇場版アイカツ! | トップページ | (1959) 旅猫リポート »