« (1935) 大脱出 | トップページ | (1937) レンタネコ »

2019年9月 2日 (月)

(1936) エージェント: ライアン

【監督】ケネス・ブラナー
【出演】クリス・パイン、ケビン・コスナー、キーラ・ナイトレイ、ケネス・ブラナー
【制作】2014年、アメリカ

CIA捜査官となった青年が、ロシアの事業家のテロ行為を防ぐために活躍するアクション作品。

9.11テロを機に軍隊入りしたジャック・ライアン(クリス・パイン)は、ヘリでの移動中に負傷し、除隊。彼に目を付けたCIAのトマス・ハーパー(ケビン・コスナー)は、彼に博士の取得と、テロリストの資金の監視を命じる。ジャックは、リハビリを担当した医学生のキャシー・ミュラー(キーラ・ナイトレイ)と暮らすようになり、10年間、CIA捜査官であることを伏せたまま捜査を続ける。ついにロシアの事業者チェレビン(ケネス・ブラナー)の不透明な口座の動きを発見したジャックは、単身、モスクワに向かう。チェレビンの差し向けた殺し屋を退けたジャックは、チェレビンと会うが、大した情報は得られない。ジャックは食い下がり、チェレビンとのディナーの約束を取り付ける。ところがジャックの部屋に勝手にキャシーが来てしまう。ジャックは自分がCIAであることを明かす。トマスはキャシーがチェレビンと食事をしている間に、酒に酔った振りをしたジャックがチェレビンの執務室に侵入し、闇取引のデータを盗み出す作戦を実行。途中で気づいたトマスはキャシーを拉致して拷問しようとするが、彼女の指輪に仕込まれた発信器を手がかりに彼女を奪い返し、帰国する。
チェレビンは息子のアレクサンドル(アウレック・アットゴフ)を使って、ウォール街で爆破テロを起こし、為替取引で大金を稼ごうとするが、ジャックはアレクサンドルの乗ったバンを発見。死闘の末、バンを運転して川の中に突っ込ませ、大事故を未然に防ぐ。ジャックは晴れて正式なCIA捜査官となり、大統領に面会するのだった。

ジャック・ライアンが主役の映画としては、「レッド・オクトーバーを追え」や「パトリオット・ゲーム」、「今そこにある危機」などがある。本作はジャック・ライアンがCIA捜査官になる経緯を描いていて面白いが、どうにもこの手の作品は、主人公が死ぬわけがないと思って観てしまうので、せめて他の重要人物が死を賭けるような展開があった方が、ハラハラしただろう。トマスなんかさしたる危機的立場にはおらず、ほぼ無敵状態だし、キャシーも電球を口にくわえるぐらいで、特に危害を加えられないままなので、正直あまり手に汗を握る感じはなかったのだった。

【5段階評価】3

|

« (1935) 大脱出 | トップページ | (1937) レンタネコ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (1935) 大脱出 | トップページ | (1937) レンタネコ »