« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土)

(1934) 万引き家族

【監督】是枝裕和
【出演】リリー・フランキー、樹木希林、安藤サクラ、松岡茉優、城桧吏、佐々木みゆ
【制作】2018年、日本

万引きをしながら生計を立てている一家の数奇な運命を描いた作品。カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した。

柴田治(リリー・フランキー)が、息子の祥太(城桧吏)を連れてスーパーで万引きを働く。帰り道、アパートのベランダで寒そうにしている幼い女の子(佐々木みゆ)を見つけた治は、放っておけず少女を家に連れ帰る。帰った家には、治の母の初枝(樹木希林)と妻の信代(安藤サクラ)、そして信代の妹の亜紀(松岡茉優)がいた。彼らが少女の名前を聞くと、少女はゆり、と答える。ゆりには虐待の痕跡があり、家族はゆりを家に置くことにする。治はゆりにも万引きの手伝いをさせる。テレビのニュースで、ゆりが失踪していることが報じられていた。ゆりの本名はじゅりだった。彼らはじゅりの髪を切り、りんと名乗らせる。
信代は勤め先のクリーニング作業場で、ポケットのものをくすね、初枝もパチンコ屋で他人のドル箱を取ったり、悪事を働いていた。初枝は元夫と再婚相手の間に産まれた子供の夫婦の家に、元夫への線香をあげにいくたびに、その家からいくらかのお金をせしめていた。その家の長女こそ、亜紀だった。亜紀はオーストラリアに留学中ということになっていたが、実は風俗店で働いているのだった。家族で海に行ったあと、初枝が家で死亡してしまう。治たちは初枝を床下に埋め、初枝の年金を自分たちのものにする。祥太は次第に、居間の暮らしに疑問を持つようになっていく。ある日、りんと二人でスーパーに入った祥太は、りんが慣れない万引きをしているのを目にし、とっさにわざと目立つように商品を手にして店を走り出る。店員に追い詰められた祥太は道路から転落して脚を痛める。親として病院にいる警察に呼ばれた治と信代は、いったん家に帰るとその場をごまかすと、夜逃げをしようとするが、警察に確保されてしまう。初枝の遺体は掘り起こされ、じゅりを誘拐していたことも明らかとなり、一家は崩壊する。信代と治は、かつてホステスと客の関係であり、二人で信代の夫を殺害して床下に埋め、治は有罪に処せられていた。信代は治をかばって、初枝を埋めたのは単独犯だと主張し、刑務所送りとなる。祥太は二人が車上荒らしをしたときに見つけた子供だった。信代は面会に来た祥太に、本当の親を探す手がかりとなる、祥太を誘拐したときに彼らが荒らした車の特長を伝える。じゅりは元の親の元に戻るが、母親(片山萌美)にじゅりを愛している様子はなかった。じゅりはまたも一人、ベランダで遊び、ふと何かに気づいたようにベランダから外を眺めるのだった。

誰も知らない」の雰囲気を色濃く感じる作品。危ういバランスでなんと成立している家族が、必然的に崩壊していく様子を、観客はただ観ていることしかできない。予想通りの哀しい結末に至り、それでも人は生きていく。それにしても松岡茉優の生膝枕を味わった池松壮亮が、いちばんおいしい役どころかもしれない。

【5段階評価】4

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火)

(1933) パラノーマル・アクティビティ

【監督】オーレン・ペリ
【出演】ケイティ・フェザーストン、ミカ・スロート、マーク・フレドリックス
【制作】2007年、アメリカ

超常現象に悩まされる恋人を救おうとして始めたカメラに映っていたものとは。低予算ホラーとして有名となった作品。

恋人の青年ミカ(ミカ・スロート)と同棲中の女性、ケイティ(ケイティ・フェザーストン)は、幼い頃に超常的な恐怖体験をしたことがあり、ミカはケイティの身に起こる現象の謎を解き明かそうと、家の2階の寝室のカメラ撮影を始める。始めはドアが勝手に動く現象が映っている程度だったが、大きな物音がしたり、床に撒いた粉に足跡が残ったり、と状況はエスカレートしていく。パニックに近くなったケイティとミカは家を出ようとするが、ケイティは突然、もう大丈夫、と言って家に残ると言い出す。その夜、夢遊病のように起き上がったケイティは、眠っているミカの横で何時間も立っていたかと思うと、階下に降り、大きな悲鳴を上げる。慌てて起きたミカが1階に降りるが、ミカはものすごい力で寝室のカメラに吹き飛ばされてしまう。ケイティは倒れたミカにゆっくりと近づくと、カメラに向かって不気味な笑みを浮かべ、カメラに襲いかかるのだった。ミカは死亡し、ケイティは行方不明のままなのだった。

お化け屋敷のように怖がらせようとすればいくらでも怖がらせる演出はあり得るが、やりすぎず、少しずつ恐怖をエスカレートさせていく。大部分は「ここでこうなったら恐い」という観客の想像力が恐怖を生み出しており、本当に恐い映像は、ほぼ最後だけである。少し斜めになった寝室の暗視映像は、この作品のトレードマークとなった。映画ファンなら、ホラーが苦手でも一度は観ておくべき作品だろう。

【5段階評価】4

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月)

(1932) ゴリラ

【監督】ジョン・アービン
【出演】アーノルド・シュワルツェネッガー、キャスリン・ハロルド、ダーレン・マクギャビン、ロバート・デビ
【制作】1986年、アメリカ

悪の組織を壊滅させる使命を帯びた元FBI捜査官の活躍を描いた作品。アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画。

行き過ぎた捜査でFBIをクビになり、地方の保安官になったマーク(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、元上司のハリー(ダーレン・マクギャビン)から密命を受ける。彼は息子をルイジ・パトロビータ(サム・ワナメイカー)率いる組織に殺されたため、復讐のため、マークに組織への潜入と壊滅を依頼する。
マークは、自分を死んだことにして別人のブレナーになりすましてルイジの組織の重要人物パウロ・ロッカ(ポール・シェナー)に接近。ロッカの右腕のマックス(ロバート・デビ)はマークを怪しむが、ロッカはブレナーを利用することにする。パトロビータは違法賭博で得た金を警察に押収されたため、ロッカにその奪還を指示。ロッカはマークに実行役を任せる。マークを怪しんでいたマックスは、ハリーの殺害をマークとともに実行しようとするが、マークはハリーを銃撃したマックスを撃ち殺す。ハリーは瀕死の重傷を負う。マークは単身でパトロビータの拠点を壊滅する。ハリーは歩けなくなるほどの重傷を負うが、見舞いに来たマークに勇気づけられ、歩行のリハビリに励むのだった。

オープニングは、バイクに乗った犯人を主人公が追いかけるカーチェイス。アクションシーンの必然性がほとんど感じられない。出てきたばかりの登場人物がじゃんじゃか死ぬし、ああこれはB級映画なのだな、とすぐに分かるので、ある意味では肩の力を抜いて見ることができる。とはいえ、最後のハリーのリハビリシーンで少しほろっとさせられた。マックス役のロバート・デビは、「ダイ・ハード」でジョンソンFBI捜査官を演じている俳優だった。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

(1931) ジャンヌ・ダルク

【監督】リュック・ベッソン
【出演】ミラ・ジョボビッチ、ジョン・マルコビッチ、ダスティン・ホフマン、フェイ・ダナウェイ
【制作】1999年、フランス、アメリカ

フランスの歴史上の人物、ジャンヌ・ダルクの生涯を描いた作品。

幼い頃、娘をイギリス兵士に惨殺された経験を持つ少女、ジャンヌ・ダルク(ミラ・ジョボビッチ)は、神の啓示を受けたとフランス王太子のシャルル7世(ジョン・マルコビッチ)に手紙を書く。暗殺を恐れたシャルル7世は身代わりを立ててパーティの群衆の中に隠れるが、ジャンヌは難なくシャルル7世を探し当てる。ジャンヌはシャルル7世を王にすると約束し、軍を預けられる。ジャンヌは立派に軍勢を鼓舞し、荒くれ男達もジャンヌの武勇に惚れ込む。ジャンヌは自ら矢を受けながらも見事にイギリス軍勢を退け、敵に支配されていたオルレアンを解放する。
シャルル7世は王位を継承し、軍事力より交渉によりイギリスとの外交を進める。彼にとってジャンヌは疎ましい存在となり、陰の支配者的存在であったヨランド・ダラゴン(フェイ・ダナウェイ)の示唆もあり、ジャンヌは魔女と見なされ、投獄されてしまう。ジャンヌは神のお告げを求めて祈りを捧げるが、彼女の前に現れたフードの男(ダスティン・ホフマン)は、彼女が草原で剣を受け取ったことを神の啓示だと思ったのは、彼女の妄想であると突き放す。
ジャンヌは裁判にかけられ、周囲の助けを無視したジャンヌは火刑に処せられるのだった。

序盤でジャンヌの姉がイギリス兵士に剣を突き立てて殺され、屍姦されるシーンや、攻城戦で手足を切断されたり頭を吹き飛ばされたりといった残虐な映像があるなど、見応えはなかなかのもの。わずか19歳で刑死したジャンヌ・ダルクの壮絶な生涯が克明に描かれている。
そしてフランスとアメリカの合作であるにもかかわらず、フランス人が英語でしゃべるので、どっちがどっちの軍勢だかよくわかりづらい、今一リアリティを感じられない、というのが残念だった。

【5段階評価】4

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

(1930) 関ヶ原

【監督】原田眞人
【出演】岡田准一、役所広司、有村架純、平岳大、東出昌大、滝藤賢一、キムラ緑子、西岡德馬
【制作】2017年、日本

石田三成と徳川家康が戦った関ヶ原の合戦を描いた時代劇作品。司馬遼太郎の小説が原作。

豊臣秀吉(滝藤賢一)の重臣だった石田三成(岡田准一)は、秀吉没後の情勢を憂い、狡猾な徳川家康(役所広司)を敵視。島左近(平岳大)を武臣に従え、家康を討つ機会をうかがう。一方の家康もまた、三成を逆臣として征伐する手はずを調える。三成は、処刑の場で反乱を起こそうとした若い娘、初芽(有村架純)を家臣とし、情報収集などの任に就かせるうち、初芽を愛妾として目をかけるようになっていく。
三成は、小早川秀秋(東出昌大)や大谷刑部(大場泰正)らを味方に付け、関ヶ原の戦いでは味方の島津の軍勢が動かないなどの誤算に苦しみ、状況は悪化。戦場を離脱せざるを得なくなる。彼は徳川に捕らえられ、処刑されることになる。処刑に向かう道中には初芽がいた。三成は初芽の無事を知り、微笑みながら刑に臨むのだった。

原田眞人監督らしい、早口のセリフ回しが多いのだが、方言も混じったりして何を言っているのかよく分からない場面も多く、冒頭で「この作品は演出上セリフが聞き取りにくい部分があります 気になる場合はリモコンで字幕を表示してください」と出たのは、おそらくテレビ局として苦情を恐れたのだろう。親切と言えば親切な対応だ。作品としては、史実を知った上で見ないと何が起きているのか分かりづらいとは思った。岡田准一の演技も立派ではあるのだが、(1) V6のアイドルというイメージがあったこと、(2) 周りの大柄な俳優と比べて背が低いこと、(3) 初芽を演じたのがかわいい系の有村架純だったこと、などのせいか、歴史的大作という重厚感を出し切れていないと感じた。そう考えると、やはり「」なんかはすごい作品なんだと思う。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

(1929) 鉄コン筋クリート

【監督】マイケル・アリアス
【出演】二宮和也(声)、蒼井優(声)、伊勢谷友介(声)、宮藤官九郎(声)、本木雅弘(声)
【制作】2006年、日本

松本大洋の漫画が原作のアニメ作品。架空の街で暮らす二人の少年の生きる姿を描く。

宝町に住む少年、クロ(二宮和也)とシロ(蒼井優)は、お金を貯めて街を出ることを夢見ている。街ではヤクザが争っており、クロとシロはそれに巻き込まれるが、クロはシロの祈りを力にして力強く生きていく。
というか、要は筋がよく分からなかった。映像はそれなりに個性的で、原作者の作風をよく反映しているとは思ったが、1回で理解できるとは思えない抽象的な作品だった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

(1928) リプリー

【監督】アンソニー・ミンゲラ
【出演】マット・デイモン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ブランシェット
【制作】1999年、アメリカ

 

しがないピアノ調教師のトム・リプリー(マット・デイモン)は、プリンストン大学の学生と間違われ、大富豪のグリーンリーフ氏(ジェームズ・レブホーン)に、イタリアで遊びほうけている息子のディッキー(ジュード・ロウ)を連れ戻してほしい、と頼まれる。1000ドルの報酬を提示されたリプリーは引き受け、イタリアのモンジに向かう。その道中、リプリーはお金持ちの娘、メレディス(ケイト・ブランシェット)に話しかけられ、ディッキーと名乗る。リプリーはメレディスと別れ、クラスメートを装ってディッキーに会う。リプリーはディッキーの父親の口まねをして父親の依頼を伝えると、ディッキーは似ていると喜び、ディッキーを気に入る。ディッキーは父親の元に戻る気はなく、リプリーの報酬をもとに一緒に遊ぼうと持ちかける。リプリーは、ディッキーの恋人マージ(グウィネス・パルトロウ)や、悪友のフレディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)と知り合いになる。彼は次第にディッキーに同性でありながら恋愛感情を抱き始める。しかしディッキーはリプリーと過ごす生活に飽きており、二人で乗ったボートの上でリプリーを寄生虫呼ばわりして罵倒。リプリーは衝動的にオールでディッキーを殴り殺してしまう。ボートを沈めてホテルに戻ったリプリーは、受付でディッキーに間違われたことから、ディッキーなりすますことを思いつき、偽の手紙を書いてマージに手渡し、ディッキーはローマで一人で過ごすと言った、僕らは捨てられた、と嘘をつく。
ローマに向かったリプリーは、偶然、メレディスに再会。リプリーのことをディッキーだと思い込んでいる彼女は、自分がフレディと知り合いで、彼がマージのことや、ディッキーに捨てられた女性のことを話していた、と伝える。リプリーは、マージとは別れたとメレディスに告げる。メレディスはリプリーをオペラ観劇に誘う。リプリーは幕間にメレディスと離れていたところで、マージに偶然会う。ディッキーの振りをしていることがバレることを恐れたリプリーは、逃げるように明日の朝話そう、とマージに告げ、スペイン広場の喫茶店に10:30に来るよう伝えると、メレディスを劇場から連れ出し、自分にメレディスと付き合う気はないと馬車の上で告白。メレディスがもう一度会いたいとリプリーに告げたため、同じ喫茶店で10:15に会うことを約束する。翌朝、喫茶店で待っていたメレディスは、ピーター(ジャック・ダベンポート)と喫茶店に現れたマージと会い、自分が昨日ディッキーとオペラに行ったこと、彼はまだマージを愛しているはずだ、とマージに話すと、喫茶店を立ち去る。
ディッキーになりすましてホテル暮らしをしていたリプリーのもとにフレディが現れ、リプリーがディッキーになりすましていることを見抜いてしまったため、リプリーはフレディを彫像で殴り殺し、車に乗せて郊外に捨てる。ホテルに警察が現れ、リプリーを調べるが、リプリーはディッキーになりすまして警官を何とかあしらう。リプリーは、ディッキーが自殺と自分の立場をリプリーに譲ることをほのめかす手紙を偽造。ディッキーを信用していなかった父親のグリーンリーフ氏はそれを信じ、リプリーに相当の財産を譲り渡す。事件は、フレディを殺したディッキーが失踪し、自殺した、という流れになっていた。ピーターと親しくなったリプリーは、二人で船旅に出るが、船上でメレディスに会ってしまう。メレディスとピーターが出会えば、彼がディッキーになりすましていることがバレてしまうため、船室に戻ったリプリーは泣きながらピーターを絞め殺すのだった。

話がけっこう分かりづらいので、ぼーっと観ていると訳が分からなくなる。例えば序盤、ピアノを弾いているリプリーに、グリーンリーフ氏がプリンストン大の学生だね、と告げる。上着がプリンストン大学のものだからそう声をかけたのだが、この時点ではリプリーがその通りなのかどうかはよく分からない。直後のシーンで、彼がそのジャケットを別の男に返すので、彼が本当はジャケットの持ち主ではないことが判明するのだが、しっかり会話を頭に入れていないと、その意味を見過ごしてしまう。一度観ただけでは意味が分かりづらい作品だった。
イタリアの警察の捜査がけっこうずさんで、リプリーの写真を探している割には、ベネツィアの警察が彼の写真を撮った気配もないとか、首をかしげるシーンもありはしたのだが、面白いクライムストーリーだった。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

(1927) キングコング: 髑髏島の巨神

【監督】ジョーダン・ボート=ロバーツ
【出演】トム・ヒルドストン、ブリー・ラーソン、ジョン・C・ライリー、サミュエル・L・ジャクソン
【制作】2017年、日本

太平洋の未開の孤島に向かった調査隊と、巨大ゴリラ、キングコングとの遭遇を描いたモンスター作品。「GODZILLA ゴジラ」の続編。

第二次世界大戦中、空中戦のさなかに孤島に落下した米兵と日本兵が戦っていると、巨大なゴリラが現れる。約30年後、研究機関モナークの地質学者ランダ(ジョン・グッドマン)は、太平洋の孤島、髑髏島の調査チームを派遣。雷雲に覆われた島にヘリ部隊が到着。しかしそこには、巨大ゴリラがおり、ヘリコプターは次々と落とされ、壊滅状態になる。調査団が島に放った地質調査用の爆薬により、地底から巨大な二足歩行トカゲ、スカル・クローラーが現れ、ちりぢりになった隊員たちは、島の未知の生物の餌食になっていく。
調査団の一員、ジェームズ・コンラッド(トム・ヒドルストン)は女性戦場カメラマンのメイソン・ウィーバー(ブリー・ラーソン)らとともに、島を脱出するため、集合地点に向かう。彼らは生き残っていた米兵ハンク・マーロウ中尉(ジョン・C・ライリー)と遭遇。巨大なゴリラは、島の守り神、コングであると知らされる。ウィーバーは、コングは優しい性格であることを知る。ヘリコプター部隊の指揮官、プレストン・パッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)は、多くの仲間を殺された恨みから、コングをおびき出して火を放つ。苦しんで倒れたところに、巨大スカル・クローラーが現れる。パッカード大佐はスカル・クローラーに踏み殺される。コングは家族をスカル・クローラーに殺されており、スカル・クローラーを死闘の末、倒す。ジェームズとメイソンらは島からの脱出に成功。島にはさらなる巨大生物が潜んでいることが予想され、その中には伝説の海獣、ゴジラやモスラ、キングギドラもいるのだった。

前作の暗くてよくわからない作風と違い、今回は明るい大自然の中で、異形のモンスターの姿が楽しめる。また、人がモンスターに殺されるシーンの描写がホラー映画のように写実的なのも特徴的だった。竹林の中に現れる巨大アシダカグモに「食人族」のように口から串刺しにされたり、翼竜に襲われて脚をもがれたり。いかにも悪いヤツというスカル・クローラーが、隊員の頭蓋骨を吐き出すシーンもなかなかのおぞましさ。キングコングがかわいくみえてしまうほど。もっとアイディア満載のモンスターを観てみたかった。

【5段階評価】4

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »