« (1918) アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー | トップページ | (1920) 甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命 »

2019年7月17日 (水)

(1919) 甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光

【監督】荒木哲郎
【出演】畠中祐(声)、千本木彩花(声)、内田真礼(声)、梶裕貴(声)
【制作】2016年、日本

人の血を欲する伝染性の生物カバネと、人間、そしてその中間的な存在、カバネリの運命を描いたテレビアニメの映画化作品。

人を襲うカバネがはびこる世界で、妹をカバネによって失った少年、生駒(畠中祐)は、カバネを仕留める武器を開発するが、自分自身がカバネに襲われてしまう。しかし彼はカバネにならず、体はカバネのまま、精神は人間というカバネリとなる。生駒と同様にカバネリの少女、無名(千本木彩花)や四方川菖蒲(内田真礼)らは、装甲列車で旅を進め、道中に現れた巨大なカバネの集合体、黒煙りを倒し、先へと進むのだった。

いわゆるゾンビものだが、主人公とヒロインが半ばゾンビと化しているという設定で、さらにスチームパンクの世界観とチャンバラを持ち込んでいる。テレビアニメの総集編の前編ということで、ダイジェスト版として楽しむにはちょうどいい作品。

【5段階評価】3

|

« (1918) アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー | トップページ | (1920) 甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (1918) アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー | トップページ | (1920) 甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命 »