« (1866) ターミナル | トップページ | (1868) レッズ »

2019年4月14日 (日)

(1867) チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

【監督】川井勇人
【出演】広瀬すず、天海祐希、真剣佑、中条あやみ、山崎紘菜、陽月華
【制作】2017年、日本

チアダンスの全米一を目指す女子高生チアダンス部の活躍を描いた作品。実話に基づく。

福井県の女子高生、友永ひかり(広瀬すず)は、ボーイフレンドの孝介(真剣佑)を応援しようとチアダンス部に入部。顧問の早乙女薫子(天海祐希)は全米大会優勝を目標に掲げ、厳しい練習を行う。経験者が限られる中、仲間割れや離脱を経て、チームは福井県大会優勝、そして全国優勝を果たし、全米大会でもチャンピオンになる。

終盤まではあまりダンスシーンを露出させず、大会のシーンで一気にたたみかける演出はうまかった。スポーツものとしての感動は味わえるのだが、欲を言えばやはり、ダンスシーンはもっとうまい人に演じてほしかった。事務所の都合とかいろいろあるのかもしれないが。

【5段階評価】4

|

« (1866) ターミナル | トップページ | (1868) レッズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (1866) ターミナル | トップページ | (1868) レッズ »