« (1827) 沈黙のアフガン | トップページ | (1829) スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道 »

2019年2月11日 (月)

(1828) スラムダンク

【監督】西沢信孝
【出演】草尾毅(声)、平松晶子(声)、鈴置洋孝(声)、皆口裕子(声)、梁田清之(声)
【制作】1994年、日本

井上雅彦の原作漫画「SLAM DUNK」のアニメ映画作品。

湘北高校のバスケ部、桜木花道(草尾毅)は、武園学園と対戦。武園の小田(鈴置洋孝)はかつて不良だった桜木を軽蔑しており、桜木を挑発。桜木はバスケの技術こそないものの、ボールを必死に追いかける。その姿に武園の監督、葉山(佐藤正治)は惜しみない拍手を送る。それを見て、はじめは桜木の素人ぶりをあざ笑っていた武園の生徒たちも拍手を始め、会場は拍手の渦に包まれる。小田は倒れていた桜木に手を差し伸べ、二人は和解する。

30分の短い作品。SLAM DUNKは読んでいなかったが、映画を観て桜木花道のキャラを知ることができた。今回はキッズステーションのHDリマスター版ということだったが、映画としては画質もさほどよくはなかった。

【5段階評価】2

|

« (1827) 沈黙のアフガン | トップページ | (1829) スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1828) スラムダンク:

« (1827) 沈黙のアフガン | トップページ | (1829) スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道 »