« (1797) わたしを離さないで | トップページ | (1799) 三度目の殺人 »

2018年12月31日 (月)

(1798) 斉木楠雄のΨ難

【監督】福田雄一
【出演】山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、ムロツヨシ、内田有紀、田辺誠一
【制作】2017年、日本

麻生周一原作漫画の実写映画化作品。超能力高校生が文化祭で巻き込まれる事件を描く。

産まれたときから超能力を持つ高校生、斉木楠雄(山崎賢人)は文化祭で問題が起きないよう、超能力を使って事件を未然に防いでいく。美少女クラスメートの照橋心美(橋本環奈)が彼を振り向かせようと体育館の準備室で二人きりになったところで、他校のヤンキーが校内に入り込んできたため、楠雄は超能力でヤンキー達を消す。力を使い切って倒れたため、超能力が暴走し、体育館ごと宇宙空間をただよってしまうが、心美が気を失っている隙に元に戻る。結局、楠雄は時間を丸一日戻し、文化祭をもう一度過ごすことになるのだった。

くだらないギャグが続き特に面白くもなかったが、橋本環奈のミニスカート姿が目の保養になる作品だった。

【5段階評価】3

|

« (1797) わたしを離さないで | トップページ | (1799) 三度目の殺人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1798) 斉木楠雄のΨ難:

« (1797) わたしを離さないで | トップページ | (1799) 三度目の殺人 »