« (1769) 銀魂 | トップページ | (1771) カクテル »

2018年11月16日 (金)

(1770) コナン・ザ・グレート

【監督】ジョン・ミリアス
【出演】アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェリー・ロペス、サンダール・バーグマン
【制作】1982年、アメリカ

両親の敵を討つ青年の活躍を描いた作品。ボディビルダー、アーノルド・シュワルツェネッガーの出世作。

両親をタルサ王(ジェームズ・アール・ジョーンズ)に殺された少年コナンは、奴隷として重労働を強制され、力強い青年(アーノルド・シュワルツェネッガー)に成長する。その肉体を商人に見込まれ、格闘技の選手として戦いに明け暮れる日々を送る。やがて商人はコナンを解放。盗賊のサボタイ(ジェリー・ロペス)と知り合い、蛇の紋章を掲げる神殿に財宝目当てに忍び込む。そこで女盗賊のバレリア(サンダール・バーグマン)と出会い、協力して財宝を盗み出すことに成功する。二人は愛し合うようになるが、財宝を元手に贅沢な暮らしを続けた結果、捕らえられてしまう。しかし二人を捕らえた有力者は、タルサ王にさらわれた娘ヤスミナ(バレリー・クイネッセン)を救出するようコナンに依頼。コナンはタルサ王の神殿に忍び込むが、正体を見破られ、はりつけにされてしまう。そこにサボタイが救出に現れる。
コナンは、サボタイ、バレリアとともにタルサ王の神殿に再度侵入。ヤスミナを見つけて逃走するが、タルサ王の放った蛇の矢により、バレリアが命を落としてしまう。コナンはサボタイと協力して、ヤスミナを奪い返そうとするタルサ王一団と戦い、タルサ王の手下を次々と倒していくが、タルサ王は逃走する。
コナンは再び神殿に侵入し、ついにタルサ王の首をはね、復讐を果たす。ヤスミナはコナンにひれ伏し、コナンはヤスミナを連れ帰る。

魔法使いや弓使いの盗賊などを仲間に敵に立ち向かうという、王道RPGのような展開と、筋肉シーンとエロシーンが連続するという映像のコラボで、とても分かりやすい娯楽作品だった。

【5段階評価】3

|

« (1769) 銀魂 | トップページ | (1771) カクテル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1770) コナン・ザ・グレート:

« (1769) 銀魂 | トップページ | (1771) カクテル »