« (1761) ドラえもん のび太と緑の巨人伝 | トップページ | (1763) ピアノ・レッスン »

2018年10月30日 (火)

(1762) 殿、利息でござる!

【監督】中村義洋
【出演】阿部サダヲ、妻夫木聡、瑛太、千葉雄大、竹内結子、羽生結弦
【制作】2016年、日本

財政危機に陥った宿場町の人々が、藩主に金を貸し、利息で町を救おうと奮闘する時代劇。

仙台藩の宿場町、吉岡宿は、これといった産業もなく、伝馬役(てんまやく)の資金が尽き、町人の夜逃げが跡を絶たない状態。造り酒屋を営む穀田屋十三郎(阿部サダヲ)に窮状を訴えられた菅原屋篤平治(瑛太)は、藩主に金を貸して利息をもらえばいいと考える。十三郎は叔父の十兵衛(きたろう)に相談し、千両を集めることにする。肝煎の遠藤幾右衛門(寺脇康文)や大肝煎の千坂仲内(千葉雄大)、町の両替屋の遠藤寿内(西村雅彦)なども加わり、さらには十三郎の弟で、父親(山崎努)同様、守銭奴と思われていた浅野屋甚内(妻夫木聡)も計画に加わることになる。実は彼は守銭奴ではなく、父の代から、伝馬役の負担を減らすために質素倹約に努めていたのだった。
始めは却下された申し出も、ついに受け入れられ、町は栄えるようになるのだった。

タイトルがコミカルなのと、主演が阿部サダヲなので、「超高速! 参勤交代」のようなコメディを想像していたが、意外にもシリアスで感動的な作品だった。
実話に基づくということで、お涙ちょうだい的に人が犠牲になったりするような派手なシーンはないが、兄妹の絆、親子の絆が描かれ、清々しい作品。仙台藩主役に羽生結弦が登場。割と堂々とした演技だった。

 

【5段階評価】3

|

« (1761) ドラえもん のび太と緑の巨人伝 | トップページ | (1763) ピアノ・レッスン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1762) 殿、利息でござる!:

« (1761) ドラえもん のび太と緑の巨人伝 | トップページ | (1763) ピアノ・レッスン »