« (1752) ゼロ・ダーク・サーティ | トップページ | (1754) 摩天楼はバラ色に »

2018年9月25日 (火)

(1753) インファナル・アフェア

【監督】アンドリュー・ラウ、アラン・マック
【出演】トニー・レオン、アンディ・ラウ、エリック・ツァン、アンソニー・ウォン
【制作】2002年、香港

マフィアの潜入捜査をする警察官と、警察に入り込んだマフィアの手先の運命を描いた作品。

警察学校で優秀さが認められたヤン(トニー・レオン)は、サム(エリック・ツァン)の率いるマフィアへの潜入捜査を命じられる。彼のことを知るのはウォン警視(アンソニー・ウォン)だけで、彼は自分のアイデンティティを失うことへの恐怖と戦いながら捜査を続ける。
一方、サムは配下の若者を警察学校に送り込み、スパイに仕立て上げていた。その一人であったラウ(アンディ・ラウ)は、ウォン警視の率いる捜査の情報をサムに流し、警察の捜査を妨害。ヤンもサムの状況をウォン警視にモールス信号で伝える。結局、サムは密輸した麻薬を捨てる羽目となり、ウォン警視も一味の逮捕に失敗。痛み分けとなる。互いにスパイを送り込んでいることが明らかとなったため、サムはヤンに、そしてウォン警視はラウに、スパイの捜査を命じる。
ラウは、ウォン警視に尾行をつける。ウォン警視がとあるビルに向かったことから、ラウは彼がスパイに会うと推理。サムの側にビルに向かえと命じる。ウォン警視と会っていたヤンは、ビルのゴンドラリフトで何とか逃げ、タクシーを拾ってビルの正面に出る。タクシーを降りた瞬間、タクシーの屋根の上に死体が落下する。ウォン警視だった。自分の本当の身分を知る唯一の男が死んだことで、ヤンは茫然自失となるが、弟分のキョン(チャップマン・トウ)に車に押し込まれ、警察との銃撃戦となっている現場から逃走する。キョンは、ビルに踏み込むときにヤンがいなかったことから、ヤンが警察官らしいと気づいていた。しかし、キョンはそのことをボスには言わないとヤンに告げ、息を引き取る。彼は警察との撃ち合いで胸を打たれていたのだった。ヤンはキョンが潜入捜査官だったとサムに告げ、倉庫を確認に行くよう示唆。そこに警察が乗り込んできたため、サムは車から降りて逃走。そこにラウが現れる。何が起こったか分からないサムを、ラウは銃で撃ち殺す。彼は、善人として生きる道を選んだのだった。
警察署に戻ったラウは仲間に祝福される。ラウの部屋には潜入捜査から戻ったヤンがいた。ヤンは元の身分に戻りたいとラウに告げる。ラウはパスワードを聞いてヤンが警察官であることを証明するファイルにアクセスする。ラウがヤンに背を向けているとき、ヤンはラウの席の上の封筒を目にする。そこには、かつてサムの側にいたときにヤンが仲間に漢字を教えるために書いたメモ書きがあった。ラウがサムの側と通じているスパイだったことを知ったヤンは、その場を離れ、ラウとサムの会話を録音したCDをラウに送りつけ、ラウを屋上に呼び出す。ヤンは後ろ手にラウに手錠をかける。そこにラウの同僚の警察官が現れる。警察官はヤンに銃を向け、銃を下ろせと叫ぶ。ヤンはラウがスパイだと告げ、ラウに銃を突きつけたままエレベータに乗り込もうとする。すると、警察官はヤンの脳天を銃で撃ち抜く。彼もまた、サムの送り込んだスパイだったのだ。彼はヤンの銃をとって、これからはあなたがボスだと言って、ラウに銃を渡す。しかし、ラウはエレベータの中でその警官を撃ち殺す。
全ては闇に葬られ、ラウはヤンの葬儀に参列するのだった。

ウォン警視やサムなど、重要人物が殺されていき、最後には主人公のヤンまで撃ち殺されてしまうという、派手な展開が衝撃的。ラウは結局、警察官として生き残るわけだが、彼の正体を知ったラウの妻の行く末が気になった。レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンが共演した「ディパーテッド」は本作のリメイク。

【5段階評価】4

|

« (1752) ゼロ・ダーク・サーティ | トップページ | (1754) 摩天楼はバラ色に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1753) インファナル・アフェア:

« (1752) ゼロ・ダーク・サーティ | トップページ | (1754) 摩天楼はバラ色に »