« (1721) 聖☆おにいさん | トップページ | (1723) シティーハンター 愛と宿命のマグナム »

2018年6月24日 (日)

(1722) キング・オブ・エジプト

【監督】アレックス・プロヤス
【出演】ブレントン・スウェイツ、ニコライ・コスター=ワルドー、コートニー・イートン、ジェラルド・バトラー
【制作】2016年、アメリカ、オーストラリア

エジプトの王位を巡る戦いに巻き込まれる若者の活躍を描いた作品。

エジプトの王である古代の神、オシリス(ブライアン・ブラウン)は、息子のホルス(ニコライ・コスター=ワルドー)に王の地位を譲る儀式を行う。そこにオシリスの弟、セト(ジェラルド・バトラー)が現れる。セトはオシリスを殺害し、ホルスの両目をえぐり取って王位に就く。
エジプトの若者、ベック(ブレントン・スウェイツ)は、恋人のザヤ(コートニー・イートン)を殺されてしまい、彼女の復活のため、ホルスの片眼を取り戻し、ホルスに返す。ホルスはセトを倒すため、ベックを引き連れ、旅に出る。セトの送り込む刺客を退けながら、セトの居城となっているピラミッドを目指す。セトは父親ラー(ジェフリー・ラッシュ)をも亡き者にし、賢者トト(チャドウィック・ボーズマン)の脳やホルスの目を使って強大な力を手に入れる。しかしホルスは、ベックの命がけの行動に心を打たれ、片眼のまま神の力を発揮。ベックを救うとセトを倒し、とどめを刺す。
エジプトはホルスの王政によって平和となるのだった。

CG慣れした時代の特撮としては大きな感動は難しいものの、できはよく、ストーリーも明快で楽しい作品だった。公開当時20歳のコートニー・イートンの胸元サービスぶりも、作品の売りになっているぽい。

【5段階評価】3

|

« (1721) 聖☆おにいさん | トップページ | (1723) シティーハンター 愛と宿命のマグナム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1722) キング・オブ・エジプト:

« (1721) 聖☆おにいさん | トップページ | (1723) シティーハンター 愛と宿命のマグナム »