« (1712) ヘルレイザー2 | トップページ | (1714) ポーキーズ »

2018年5月22日 (火)

(1713) チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

【監督】デビッド・コープ
【出演】ジョニー・デップ、グウィネス・パルトロウ、ユアン・マクレガー、ポール・ベタニー
【制作】2015年、アメリカ

イギリスの貴族が借金返済を賭けて盗まれた名画の謎に挑むコメディ・サスペンス。

口ひげを生やし始めたチャーリー・モルデカイ(ジョニー・デップ)は、従者のジョック(ポール・ベタニー)を従える落ち目の貴族。800万ポンドの借金を抱えていた。絵画の修復士の女性が殺され、名画が盗まれる。MI5のアラステア・マートランド(ユアン・マクレガー)は、絵画に詳しいチャーリーに捜査協力を依頼。チャーリーの妻、ジョアンナ(グウィネス・パルトロウ)も、自分に気のあるマートランドを籠絡し、調査を始める。
絵画には秘密口座の番号が記されており、テロリストやロシアのマフィアも絵画を狙う。チャーリーはアメリカの富豪、クランプ(ジェフ・ゴールドブラム)にロールスロイスを届ける。絵画はロールスロイスの屋根に隠されていた。クランプは絵画を自慢するためのパーティを開くが、彼は殺害される。テロリストのエミル・ストラーゴ(ジョニー・パスボルスキー)が、クランプの娘ジョージナ(オリビア・マン)とぐるになって絵画を奪ったのだった。チャーリーとジョアンナ、アラステアがそれを追うが、絵画は焼失してしまう。ところがジョアンナは、自分が調べていた公爵(マイケル・バーン)の屋敷にあることに気づき、チャーリーと絵画を盗み出す。チャーリーは絵画をオークションに出し、借金を返済。しかし、それは偽物だった。二人は本物を屋敷のバスルームに飾り、バスタブの中で作戦の成功を祝うのだった。

ジョニー・デップが非力なやさおとこを演じており、主人公なのにヒーロー感がなく、爽快さがない。話も今ひとつ分かりづらく、アクションも中途半端。何をやりたかった映画なんだろう、という疑問が終始消えない内容だった。

【5段階評価】2

|

« (1712) ヘルレイザー2 | トップページ | (1714) ポーキーズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1713) チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密:

« (1712) ヘルレイザー2 | トップページ | (1714) ポーキーズ »