« (1707) 菊次郎の夏 | トップページ | (1709) サスペリア »

2018年4月20日 (金)

(1708) レッドタートル ある島の物語

【監督】マイケル・デュドク・ドゥ・ビット
【出演】-
【制作】2016年、日本、フランス、ベルギー

無人島に遭難した男の人生を描いた作品。ジブリアニメだが、監督は外国人である。

無人島に漂着した男性。竹で作ったいかだで何度も島からの脱出を試みるが、そのたびに赤いウミガメに邪魔される。そのアカウミガメが砂浜に上がってきたのを見つけた男は、腹立ち紛れにウミガメをひっくり返す。ウミガメはそのまま動かなくなる。若干の後悔をしながらウミガメを見つめていた男だったが、気がつくと、ウミガメは若い女性に変化していた。
やがて男と女の間に子供が産まれる。3人は仲よく暮らすが、ある日、大津波が島を襲う。青年となった息子は沖に流された父親を救う。息子はやがて島の周りで生きるウミガメとともに島を離れていく。年老いた男は妻とともに暮らすが、やがて動かなくなる。妻はまたアカウミガメに戻り、海に帰っていくのだった。

ジブリアニメとは明らかに異なる人物のデザイン。自然の中で生き抜こうとする男がただただ描写されているのだが、次に何が起こるのだろうという期待が自然と沸き起こる、うまい作りになっている。ただ、後半の津波の後あたりから、ちょっと何言ってんのかわかんない的な展開になってしまった。

【5段階評価】3

|

« (1707) 菊次郎の夏 | トップページ | (1709) サスペリア »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1708) レッドタートル ある島の物語:

« (1707) 菊次郎の夏 | トップページ | (1709) サスペリア »