« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月23日 (金)

(1704) 湯を沸かすほどの熱い愛

【監督】中野量太
【出演】宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李、駿河太郎、篠原ゆき子
【制作】2016年、日本

末期がんの女性の家族愛を描いた作品。

シングルマザーの幸野双葉(宮沢りえ)は、学校でいじめを受けている娘の安澄(杉咲花)を立派に育てていた。バイト先で突然倒れた双葉は病院で、末期がんであることを知らされる。双葉は探偵の滝本(駿河太郎)を使って失踪した夫の一浩(オダギリジョー)を見つけ、家に戻し、実家の銭湯を再開する。双葉は、安澄と、一浩の連れ子の片瀬鮎子(伊東蒼)を連れてタカアシガニを食べる旅に出る。しかし、その旅の真の目的は、安澄を本当の母親に会わせることだった。安澄の母親は坂巻君江(篠原ゆき子)。毎年、毛ガニを送ってくれている女性だった。安澄は双葉が実の母親でなかったことにショックを受けるが、君江と打ち解けていく。
ついに双葉は倒れ、終末ケア施設に入る。双葉の銭湯には、旅先で知り合った青年、向井拓海(松坂桃李)や滝本と娘(遙)が集まり、双葉は安堵の涙を流す。双葉は天国に旅立つが、残された家族達は元気に生きていくことを決意するのだった。

宮沢りえが末期がん患者を熱演。見た目があまり健康そうではない彼女には適役だったかもしれない。杉咲花が、健気にいじめに立ち向かう姿も感動的。登場人物は多くなく、必然性に欠ける気もしたが、涙を誘うシーンもあり、いい作品だった。

【5段階評価】3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

(1703) カラーパープル

【監督】スティーブン・スピルバーグ
【出演】ウーピー・ゴールドバーグ、ダニー・グローバー、マーガレット・エイブリー
【制作】1985年、アメリカ

黒人女性の数奇な人生を描いた作品。

父親から近親相姦の虐待を受けていた黒人女性、セリー(ウーピー・ゴールドバーグ)は、暴力的な亭主、アルバート(ダニー・グローバー)と結婚させられる。セリーの妹、ネティ(アコーシア・ブシア)が、父親を逃れてセリーのもとを訪ねるが、アルバートはネティをレイプしようとし、ネティが拒んだため、アルバートはネティを家から追い出す。セリーは、歌手のシャグ(マーガレット・エブリー)や男勝りだったが白人にメイドにされてしまったソフィア(オプラ・ウィンフリー)らと知り合う中で、女性としての自立心に目覚めていく。彼女は夫の元を離れて自立。生き別れたネティと感動の再会を果たすのだった。

壮絶な虐待に遭っていた女性が自立するさまを感動的に描いた大作。「リーサル・ウェポン」で白人刑事に常識を説く刑事を演じたダニー・グローバーが、本作では妻を奴隷のように扱う悪役を演じているのが面白かった。ウーピー・ゴールドバーグは、「天使にラブソングを・・・」があまりにも有名。

【5段階評価】3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

(1702) グランド・マスター

【監督】ウォン・カーウァイ
【出演】トニー・レオン、チャン・ツィイー、ソン・ヘギョ
【制作】2013年、香港、中国

中国の武術家の運命を描いた作品。

美しい妻(ソン・ヘギョ)を持つイップ・マン(トニー・レオン)は優れた武術家で、中国の武術統一に貢献したパオセン(ワン・チンシアン)の後継者に指名される。パオセンの娘のルオメイ(チャン・ツィイー)は、それを不服としてイップ・マンに勝負を挑む。二人は互角の戦いをし、互いを認め合う。日中戦争の勃発により、幸せだったイップ・マンは娘を失うなどの不幸に見舞われる。ルオメイは、父を殺したマーサン(マックス・チャン)に復讐を果たすが、自らも深手を負う。イップ・マンはルオメイに再会。ルオメイはイップ・マンが好きだったことを告白する。ルオメイはやがて病死し、妻も死亡。イップ・マンは香港で武術を教え、その教え子にはブルース・リーがいるのだった。

映像には重厚感があり、武術シーンもそれなりに作り込まれているのだが、トニー・レオン本人のイメージもあってか作りが上品すぎて、なんだかつまらない作品だった。武術の荒々しさなくて、作り物の芸を見ているようで、相手を倒す気迫や手段を選ばない残酷さのようなものが感じ取れない。ストーリーも今ひとつ緩慢だった。妻役のソン・ヘギョは美人だった。

【5段階評価】2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »