« (1699) 時代屋の女房 | トップページ | (1701) マン・オブ・スティール »

2018年2月25日 (日)

(1700) トッツィー

【監督】シドニー・ポラック
【出演】ダスティン・ホフマン、ジェシカ・ラング、テリー・ガー、ビル・マーレイ
【制作】1982年、アメリカ

女装した俳優の活躍と恋を描いた作品。

俳優のマイケル・ドーシー(ダスティン・ホフマン)は、演劇の資金稼ぎのため、仲間のサンディ(テリー・ガー)の落ちたメロドラマの女性上司役のオーディションに女装して参加。強気のアドリブで役を射止める。彼はドロシー・マイケルズと名乗り、親友のジェフ(ビル・マーレイ)など限られた人以外には女装を秘密にしていた。
ドラマでの彼の役は大当たりし、雑誌の表紙を飾るなど、人気者になる。共演者のジュリー(ジェシカ・ラング)にも気に入られ、彼女と同じベッドで一夜を過ごすようになる。
ドラマの終盤、生放送でマイケルはついに自分の正体を明かす。ジュリーはショックを受けるが、二人は仲直りするのだった。

ダスティン・ホフマンの演技力が光る作品だが、話自体はあまり面白くなかった。映画の存在自体は前から知っていて、興味はあったのだが、ちょっと残念。

【5段階評価】2

|

« (1699) 時代屋の女房 | トップページ | (1701) マン・オブ・スティール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1700) トッツィー:

« (1699) 時代屋の女房 | トップページ | (1701) マン・オブ・スティール »