« (1691) マッドマックス 怒りのデス・ロード | トップページ | (1693) ヘルタースケルター »

2018年2月 6日 (火)

(1692) フューリー

【監督】デビッド・エアー
【出演】ブラッド・ピット、ローガン・ラーマン、シャイア・ラブーフ
【制作】2014年、アメリカ、イギリス

第二次世界大戦で死闘を繰り広げる戦車兵を描いた作品。

戦車を指揮する米兵のウォーダディー(ブラッド・ピット)のもとに、戦闘経験のないノーマン(ローガン・ラーマン)が着任。ウォーダディーは敵兵を撃つのをためらうノーマンに、背後から捕虜になったドイツ兵を撃たせ、戦争の厳しさをたたき込む。ドイツ軍に支配された町を開放したウォーダディーは、ノーマンを連れて民家に入る。そこにいた若いエマ(アリシア・フォン・リットベルク)とノーマンはつかの間の愛をはぐくむが、ドイツ軍の空襲に遭い、エマは命を落とす。ウォーダディーは、前線の十字路を確保する任務に向かうが、地雷を踏んで戦車は身動きがとれなくなる。そこにドイツの歩兵団が近づいてくる。逃げようとする仲間に、ウォーダディーは戦車に残って戦闘することを指示。始めは嫌がる隊員も、ノーマンが残るのを見てともに戦うことを決意。しかし、和に勝るドイツ軍に追い詰められ、ついに司令室に手榴弾が放り込まれる。ウォーダディーは、ノーマンに下の脱出口から逃げるよう指示し、自らは爆死する。戦車の下で一命を取り留めたノーマンはやがて味方の軍隊に救出されるのだった。

先頭のシーンはそれなりに迫力があるのだが、クライマックスは動けなくなった戦車一台での奮戦。ちょっとこじんまりしてしまった。「プライベート・ライアン」も、序盤のノルマンディ上陸は置いておいて、その先の作戦は実はこじんまりしているので、内容としては似ているのだが、どうも無謀な戦いをする必然性もあまり感じられず、今ひとつ、大作を観たという感想を持てない作品だった。

【5段階評価】3

|

« (1691) マッドマックス 怒りのデス・ロード | トップページ | (1693) ヘルタースケルター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1692) フューリー:

« (1691) マッドマックス 怒りのデス・ロード | トップページ | (1693) ヘルタースケルター »