« (1681) 呪怨2 | トップページ | (1683) スター・トレック »

2018年1月23日 (火)

(1682) バトルランナー

【監督】ポール・マイケル・グレイザー
【出演】アーノルド・シュワルツェネッガー、マリア・コンチータ・アロンゾ、リチャード・ドーソン
【制作】1987年、アメリカ

犯罪者の濡れ衣を着せられた男が、無理矢理出演させられたテレビ番組で奮闘する近未来SFアクション。

2017年。正義感の強い警官だったベン・リチャーズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、暴動を起こしている市民への発砲命令を拒否し、収監されてしまう。ニュースでは、あたかもベンが命令を無視して発砲しているニセ情報が流される。
ベンは仲間とともに脱獄するが再び捕まり、ランニングマンというテレビ番組に出演させられる。それは、犯罪者が無罪と賞金を目当てに、彼らを追う処刑者(ストーカー)から逃れながら制限時間内にゴールを目指すというもの。ベンは処刑者を倒しながら地下のレジスタンスとのコンタクトに成功。残されていた映像によって自らの無実を証明するとともに、番組司会者のデーモン・キリアン(リチャード・ドーソン)を地下シューターに送り込み、デーモンは自らの番組の看板に激突して大爆発を起こすのだった。

割と悪趣味なB級アクション。バイクに乗ってチェーンソーを振り回すとか、豆電球だらけの電飾マンとか。無抵抗な男は殺さないと言っておきながら、火炎放射器マンは容赦なくやっつける主人公の前言撤回ぶりもすごい。
時代設定は、30年後の世界だが、2017年なのですでに過去。話すだけで部屋の明かりが付いたり、なんていうのは実現しているし、世の中それなりに進んでいるわけだ。

【5段階評価】3

|

« (1681) 呪怨2 | トップページ | (1683) スター・トレック »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1682) バトルランナー:

« (1681) 呪怨2 | トップページ | (1683) スター・トレック »