« (1677) ファイナル・デッドサーキット | トップページ | (1679) めぐりあう時間たち »

2018年1月16日 (火)

(1678) Oh!透明人間

【監督】右田昌万
【出演】標永久、栁本絵美、村上友梨、川奈ゆう、伊藤遥、なべやかん
【制作】2010年、日本

中西やすひろ原作漫画の実写化作品。透明になる力を手に入れた男子高校生の行動を描いたコメディ。

いくらを食べると透明になる能力を持った荒方透瑠(標永久)は、女性ばかり4人が暮らす萩谷家に居候中。同じ家に住む良江(栁本絵美)や、その姉の愛子(川奈ゆう)のシャワーを覗いたり、エッチないたずらを始めるが、興奮すると元に戻ってしまうのだった。
ある日、お金持ちの同級生、宮元陽子(村上友梨)の家に回覧板を持って行った良江が、陽子と間違われて誘拐犯に誘拐されてしまう。透瑠は助けに行き、透明になろうと裸になるが、肝心のいくらをどこかに落としてしまい、良江ともども捕まってしまう。しかし、犯人の食べたちらし寿司の食べ残しのいくらを食べて透明になり、犯人をやっつける。陽子がお礼に、とハワイ旅行をプレゼント。女子だけで家の中で水着の試着を始める。透瑠はまた透明人間になってそれを見ていたが、犬に気づかれて大事なところを噛まれてしまうのだった。

映画と呼ぶにはギリギリなほど質の低い作品だが、まあ、原作の力でそこそこ楽しめた。芸能界にもいろんな仕事があるんだなあ、と、妙な感慨にふけることのできる作品だった。

【5段階評価】3

|

« (1677) ファイナル・デッドサーキット | トップページ | (1679) めぐりあう時間たち »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1678) Oh!透明人間:

« (1677) ファイナル・デッドサーキット | トップページ | (1679) めぐりあう時間たち »