« (1661) 君よ憤怒の河を渡れ | トップページ | (1663) 刑事ジョン・ブック 目撃者 »

2017年12月30日 (土)

(1662) 甘い生活

【監督】フェデリコ・フェリーニ
【出演】マルチェロ・マストロヤンニ、アニタ・エクバーグ、アヌーク・エーメ、イボンヌ・フルノー
【制作】1960年、イタリア、フランス

退廃的な生活を送る男女の様子を描いた作品。

新聞記者のマルテロ(マルチェロ・マストロヤンニ)が女を取っ替え引っ替えしながら、ドライブやパーティ、乱痴気騒ぎを繰り広げる。

キリスト像を吊り下げたヘリコプターが印象的なオープニング。魅力的な展開を期待するのだが、次々と出てくるシーンにことごとく脈絡がない。人間関係もよく分からない。そのくせ、長い。3時間ちかくある。いちおう名作だし、評価1はないなと思ったが、これまで1,600作以上レビューしてきた中で、もっとも「早く終わってくれ」という苦痛を感じた作品だったので、評価1とせざるを得なかった。
なお、ゴシップ誌のカメラマンを指す「パパラッチ」は、本作品に登場するカメラマン、「パパラッツォ」が語源。

【5段階評価】1

|

« (1661) 君よ憤怒の河を渡れ | トップページ | (1663) 刑事ジョン・ブック 目撃者 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価1の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1662) 甘い生活:

« (1661) 君よ憤怒の河を渡れ | トップページ | (1663) 刑事ジョン・ブック 目撃者 »