« (1605) くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ | トップページ | (1607) HiGH&LOW THE RED RAIN »

2017年9月29日 (金)

(1606) ミニオンズ

【監督】ピエール・コフィン、カイル・バルダ
【出演】サンドラ・ブロック(声)、ピエール・コフィン(声)
【制作】2015年、アメリカ

怪盗グルーの月泥棒」シリーズに登場するキャラクター、ミニオンズが活躍する作品。

海の生物だったミニオンズ(ピエール・コフィン)が、陸地に上がり、最強のボスを求めて世界を回る。しかしなかなか見つからず、雪山で自堕落な生活を送る羽目になる。ミニオンズの一人、ケビンは、スチュアートとボブを連れて旅に出る。女盗賊のスカーレット・オーバーキル(サンドラ・ブロック)の子分になった3匹は、スカーレットの指示により、エリザベス女王(ジェニファー・ソーンダース)の王冠を盗みに行く。警官に追われたボブが、岩に刺さった伝説の剣、エクスカリバーを抜いたことから、女王から王位を継承することになり、王冠もボブ自身のものになる。自分がイギリスを支配したかったスカーレットは、それを知って激怒。ミニオンズは王位をスカーレットに譲ることにする。スカーレットは感謝するふりをして3匹を地下の拷問室に閉じ込める。3匹は水路から脱出。スカーレットは戴冠式を邪魔され、3匹を追い回す。必死で逃げる3匹に、仲間の大量のミニオンが合流。王冠は無事に女王のもとに戻る。ケビンは女王にナイトの称号をもらうが、そこにスカーレットが現れ、王冠を盗み出す。そのスカーレットを凍りづけにして王冠を盗み取ったのは、少年のグルー(スティーブ・カレル)だった。ミニオンズはグルーに付いていくことに決めるのだった。

ミニオンズをかわいいと思うか思わないかが、本作を面白いと思うかどうかの重要なポイント。自由気ままなミニオンは、誰かに恩義を感じるわけでも、正義感に燃えるわけでもなく、自分勝手に走り回り、逃げ回る。そこに感情の揺さぶりはなく、ただただミニオンという生き物が動き回るので、ミニオンが大好きで動き回るミニオンが観たいと思えないと、この作品は退屈極まりない。ミニオンがさほど好きではない自分にとっては、残念ながら退屈な作品だった。

【5段階評価】2

|

« (1605) くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ | トップページ | (1607) HiGH&LOW THE RED RAIN »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1606) ミニオンズ:

« (1605) くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ | トップページ | (1607) HiGH&LOW THE RED RAIN »