« (1598) 上を向いて歩こう | トップページ | (1600) 大魔神 »

2017年9月22日 (金)

(1599) ゾンビーバー

【監督】ジョーダン・ルービン
【出演】コートニー・パーム、レイチェル・メルビン、レクシー・アトキンス、レックス・リン
【制作】2014年、アメリカ

ゾンビ化したビーバーに襲われる若者達を描いたコメディホラー。

毒物を運ぶトラックを運転している二人の男が、不注意な運転で鹿を轢いてしまう。その衝撃で、毒物の入ったドラム缶が川の中に落下。ドラム缶はビーバーのダムに流れ着き、ビーバーを汚染する。
メアリー(レイチェル・メルビン)、ゾーイ(コートニー・パーム)、ジェン(レクシー・アトキンス)の3人は、彼氏のサム(ハッチ・ダーノ)に浮気をされたジェンを慰めるため、女子旅行に出かける。しかし、男好きのゾーイは二人に内緒で自分の彼氏のバック(ピーター・ギルロイ)、メアリーの彼氏トミー(ジェイク・ウィアリー)、そしてサムを呼び、結局6人で湖畔の一軒家に宿泊することになる。ジェンはまだ彼氏のことを許すことができず、一人でトイレに入ると、そこに毒物の影響で凶暴化したビーバーが出現。トミーがバットでビーバーを殴り殺し、ポリ袋に入れて家の外に投げ捨てる。
翌日、袋はやぶけ、ビーバーはいなくなっていたが、男達は野生動物に食われたんだろう、と気に留めず、6人は湖に向かう。すると、湖に入っていたバックが突然水没。彼の周りの水が赤く染まり、バックが自分のちぎれた足を持って水に浮かぶ。凶暴化したビーバーに襲われたのだ。サムはゾーイの愛犬を湖に放り投げて囮にし、その間に5人は陸に上がる。ジェンは一足先に家に戻るが、そこにもビーバーが入り込んでおり、ジェンは足をひっかかれてしまう。ビーバーは体がほぼ半分にちぎれているにもかかわらず動き続けていた。ゾンビーバーである。
足を負傷したバックを助けるため、トミーとゾーイはバックを車に乗せて街に出ようとするが、道路はビーバーのダムのように封鎖されていた。トミーはゾーイとバックを車に残し、泊まっていたトラックから斧を取り出して道を開こうとするが、ゾンビーバーに襲われてしまう。そこに銃を持ったハンターのスミス(レックス・リン)が現れ、ゾーイとバックを連れて家に戻る。家の中ではサムとメアリーとジェンが窓やドアに木材を打ち付けてゾンビーバーの侵入を防いでいた。戻ったゾーイたちは家には入れず、隣の民家に入り込む。そこに住んでいた老夫婦は、すでにゾンビーバーの餌食になっていた。
サムの浮気相手がメアリーだったことを知り、ジェン達は互いに気まずくなる。メアリーが一人でベッドに伏せていると、そこにジェンが現れ、メアリーの上に覆い被さる。メアリーはとまどっていると、ジェンの爪が伸び、口の中から齧歯類のような巨大な牙が現れる。ゾンビーバーに感染したのだ。悲鳴を聞きつけたサムはジェンを殴りつけ、メアリーを助ける。床下からもゾンビーバーがモグラたたきのように現れ始め、二人はバスルームに逃げ込む。メアリーはサムに噛まれた傷がないか確かめるため、サムに服を脱ぐよう指示。サムは身の潔癖を明らかにすると、今度はメアリーが服を脱ぐ。二人はそのままバスルームで激しく抱き合う。そこに床下からゾンビジェンが現れ、サムの股間を食いちぎる。メアリーは慌ててバスルームを飛び出す。
隣の民家で横たわっていたバックもゾンビ化し、ハンターのスミスに襲いかかる。ゾーイは慌てて2階に駆け上るが、そこに横たわっていた老女もまたゾンビ化し、ゾーイに襲いかかる。ゾーイは2階から飛び降り、トラックに乗り込み、メアリーを乗せてその場を走り去る。
トミーは道路を封鎖している木の下でゾンビ化しており、ゾーイとメアリーは歩いてその場を通り抜ける。するとメアリーは血を流しているゾーイに銃を向ける。彼女が感染していると思い込んでいるのだ。ゾーイはこの傷は2階から飛び降りたり草むらを走ったせいだと説明する。しかし、感染していたのはメアリーの方だった。ゾーイはやむなく、メアリーに斧を何度も振り下ろしてメアリーを倒す。
ただ一人、助かったメアリーだったが、不注意な運転をしているトラックに正面衝突して轢かれてしまう。そしてゾンビ化した熊の死体から一匹の蜂が飛び立ち、巣に戻る。ゾンビー(zombie)の誕生だった。

ゾンビーバーは安物のぬいぐるみのようなチープなできで、動きもぬいぐるみを揺り動かしているだけの作り物感バリバリのテイスト。しかし、後半はゾンビウィルスが人間にも感染し、少し迫力が増す。オープニング早々、トップレスになりたわわなおっぱいをさらけ出すゾーイが、まさか最後まで生き残るとは意外だったが、結局はあっけない死を迎える。お金を払って観るような映画とも思えないが、カルトムービーとして話の種ぐらいにはなるだろう。ちなみに、「ゾンビーバー」はATOKできちんと映画用語として変換候補に出てくる。ATOK恐るべし。

【5段階評価】3

|

« (1598) 上を向いて歩こう | トップページ | (1600) 大魔神 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1599) ゾンビーバー:

« (1598) 上を向いて歩こう | トップページ | (1600) 大魔神 »