« (1593) 心が叫びたがってるんだ。 | トップページ | (1595) ベスト・キッド2 »

2017年9月17日 (日)

(1594) ベスト・キッド

【監督】ジョン・G・アビルドセン
【出演】ラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタ、エリザベス・シュー
【制作】1984年、アメリカ

アメリカを舞台に、空手の修行をした少年の成長を描いた作品。

母親と二人で新天地に引っ越してきたダニエル(ラルフ・マッチオ)。早速できた友達とビーチに遊びに行き、お金持ちの家の少女、アリ(エリザベス・シュー)と親しくなる。アリのボーイフレンド、ジョニー(ウィリアム・ザブカ)は、仲のいい二人を見て腹を立て、アリのラジカセを壊す。怒ったダニエルが覚えていた空手で挑むが、ジョニーの腕前の方が上手で全く歯が立たず、ダニエルはアリの目の前で惨敗する。
ダニエルのアパートの管理人のミヤギ(ノリユキ・パット・モリタ)は空手の達人。ダニエルが強くなろうとしているのを知ったミヤギは、彼に空手を教えることにする。しかし、その修行の内容は、車のワックスがけや床磨き、柵のペンキ塗りなど、空手と関係があるとは思えないことばかり。しかし、その動きは、相手の突きや蹴りの攻撃を防御する動きだった。
ダニエルは空手の大会で再びジョニーと再戦。ダニエルは決勝に進むまでの戦いで、ジョニーの仲間に足を痛めつけられ、片足が使えない状態。それでもダニエルは堂々と戦い、最後は蹴り技でジョニーに勝利する。ジョニーは、監督の極悪非常な作戦に我慢できなくなっており、ダニエルの勝利を心から祝福するのだった。

一見強そうに見えない師匠から教えを受けて成長するという、この手の作品では王道の展開。ダニエルとアリの恋も健全に進展し、不要なすれ違いやけんかで話がメインストーリーを邪魔していない。悪者だったジョニーが試合後はダニエルをたたえるのも見ていて微笑ましかった。
ジャッキー・チェンとジェイデン・スミスの共演でリメイクされた。
ヒロイン役のエリザベス・シューは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」でマーティの恋人ジェニファーを演じている。

【5段階評価】4

|

« (1593) 心が叫びたがってるんだ。 | トップページ | (1595) ベスト・キッド2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1594) ベスト・キッド:

« (1593) 心が叫びたがってるんだ。 | トップページ | (1595) ベスト・キッド2 »