« (1579) ファミリービジネス | トップページ | (1581) ジャズ大名 »

2017年9月 2日 (土)

(1580) ジョン・ウィック

【監督】チャド・スタエルスキー、デビッド・リーチ
【出演】キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクビスト、アルフィー・アレン、ウィレム・デフォー
【制作】2014年、アメリカ

凄腕の暗殺者の復讐劇を描いた作品。主人公のガンアクションが特徴的。

ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は、愛する妻ヘレン(ブリジット・モイナハン)を失う。残された愛犬と愛車のムスタングとともに、静かに暮らそうとしていた。ところがそこに、ムスタング狙いの強盗3人組が押し入り、ジョンに暴行を加え、犬を殺害して車を奪ってしまう。
強盗のリーダー、ヨセフ(アルフィー・アレン)は、車を解体屋に持っていくが、解体屋のオーナー、オーレリオ(ジョン・レグイザモ)は、ヨセフの依頼を受け付けないばかりか、ヨセフを殴り飛ばす。ヨセフは裏社会のボスである父親のビゴ・タラソフ(ミカエル・ニクビスト)に話をするが、ビゴもまた、ヨセフを殴りつける。ヨセフが相手にしたジョン・ウィックは、かつてビゴのもとにいた凄腕の殺し屋だった。ビゴはジョンに連絡を入れ、穏便に済ませようとするが、ジョンはそれを無視し、暗殺者としての自分に戻る。
ヨセフはジョンに暗殺者を送り込むが、ことごとく返り討ちにされる。ヨセフはジョンの友人のスナイパー、マーカス(ウィレム・デフォー)にもジョン暗殺を依頼。マーカスはその依頼を引き受けたふりをしながら、ジョンをサポートする。
ジョンはビゴの隠し資産を焼却するが、ビゴに拘束されてしまう。しかし、マーカスの助けによって拘束を逃れ、ビゴからヨセフの居場所を聞き出す。ついにジョンはヨセフを殺害する。
ビゴは最後の戦いをジョンに挑み、共倒れとなる。なんとか這い上がったジョンは、一匹の犬を檻から捕りだし、連れ去るのだった。

敵の体を撃って動きを止め、脳天を撃ち抜くという一連のスピーディな動きが独特で、一見の価値がある。暗殺のアクションに焦点を当てた「ジェイソン・ボーン」シリーズとも通じるものがある。ただ、本作の方がやや作り物の感は強く、カーアクションやガンアクション以外の格闘は、やや普通。ジェイソン・ボーンの方が生身の格闘の迫力が感じられた。
それでも、暗殺者専用のホテルの存在など、面白い設定もあり、楽しい作品だった。
残念だったのは、今回放送したBSジャパンの「シネマクラッシュ」は、いつも字幕を用意しておらず、吹き替えか、字幕なしのオリジナル音声で観るか、の二択しかないところ。なんで字幕を用意しないのかなあ。

【5段階評価】3

|

« (1579) ファミリービジネス | トップページ | (1581) ジャズ大名 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1580) ジョン・ウィック:

« (1579) ファミリービジネス | トップページ | (1581) ジャズ大名 »