« (1561) ウルヴァリン: SAMURAI | トップページ | (1563) インサイド・ヘッド »

2017年8月15日 (火)

(1562) 八十日間世界一周

【監督】マイケル・アダーソン
【出演】デビッド・ニーブン、カンティンフラス、シャーリー・マクレーン、ロバート・ニュートン
【制作】1956年、アメリカ

ジュール・ベルヌ原作小説の映画化作品。80日で世界一周する旅に出た富豪と使用人の奮闘ぶりを描いた、第29回アカデミー賞作品賞受賞作品。

イギリス紳士のフィリアス・フォッグ(デビッド・ニーブン)は、仲間と80日間で世界一周できるかを賭けることになり、使用人にしたばかりのパスパルトゥー(カンティンフラス)とともに旅に出る。
気球でスペインに行き、船でインドへ。鉄道と象を乗り継ぎ、途中で生け贄にされそうになっていたアウダ(シャーリー・マクレーン)を助け、香港に到着。そこから船で横浜に行き、さらにサンフランシスコへ。大陸を鉄道で横断し、再び船でイギリスへ。そこでフォッグがフィクス刑事(ロバート・ニュートン)に誤認逮捕されてしまい、80日を過ぎてしまう。失望する3人だったが、実は地球を一周したことで一日手前の日にイギリスに付いていたことに気づき、慌てて賭けの相手の待つ場所へ。無事に賭けに勝利する。

スペインでは船を手に入れるためにパスパルトゥーが闘牛の体験をしたり、浮気性で意志の弱いパスパルトゥーがフィクス刑事の策略にはまってしまったり、ハラハラドキドキの事件が行く先々で起こる。日本も旅先の一つとして登場し、どんなトンデモ日本なのかと思いきや、意外とまともに描かれていた。3時間近い作品だが、けっこう楽しかった。リメイク版の「80デイズ」のほうがつまらなかった。

【5段階評価】3

|

« (1561) ウルヴァリン: SAMURAI | トップページ | (1563) インサイド・ヘッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1562) 八十日間世界一周:

« (1561) ウルヴァリン: SAMURAI | トップページ | (1563) インサイド・ヘッド »