« (1558) トップガン | トップページ | (1560) ブラック・スワン »

2017年8月 8日 (火)

(1559) ジュラシック・ワールド

【監督】コリン・トレボロウ
【出演】クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン
【制作】2015年、アメリカ

遺伝子操作で現代に蘇った恐竜のテーマパークで起きるパニックを描いた作品。

離婚寸前のミッチェル家の兄弟、ザック(ニック・ロビンソン)とグレイ(タイ・シンプキンス)は、恐竜テーマパーク、ジュラシック・ワールドに二人で旅行。叔母のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)が科学者として勤めており、二人はVIP待遇。多忙なクレアは秘書のザラ(ケイティ・マクグラス)に世話を任せるが、二人はザラの隙を付いて逃げ出し、自由行動を開始する。
テーマパークでは、入場者増を狙って、遺伝子操作によるキメラ恐竜、インドミナス・レックスを育成しており、施設所有者のサイモン・マスラニ(イルファーン・カーン)は、インドミナス育成施設の安全性を元軍人のオーウェン(クリス・プラット)に確認させるよう、クレアに指示する。オーウェンは、ジュラシック・ワールドでベロキラプトルの調教を行っており、恐竜の性質をよく知っていた。クレアは、一度デートしたが破局したオーウェンのもとを訪ね、施設の確認を依頼。クレアとともに施設を訪れたオーウェンだったが、施設内の熱源センサーを確認したところ、インドミナスのいる形跡がない。オーウェンは施設の壁をよじのぼったような爪痕を発見。クレアは監視施設にいるロウリー(ジェイク・ジョンソン)に、インドミナスの背中に埋め込んだセンサーをもとに現在位置を調べさせる。その間、オーウェンは係員とともにインドミナスの居住区画を確認していたが、ロウリーは、インドミナスは施設の中にいるとクレアに告げる。インドミナスは体温を低下させて身を潜めていたのだ。オーウェンたちは慌てて居住区画を逃れようとするが、一人(エディ・J・フェルナンデス)はあえなくインドミナスに食い殺され、残った一人(エリック・エデルシュタイン)は外部への扉を開けて外に逃げ出す。監視室のマスラニは扉を閉めるよう指示し、オーウェンは閉まりかけた扉の隙間から外に脱出。しかし、インドミナスも扉を破って外に出てしまう。車の影に隠れていた係員はインドミナスに食われてしまい、それを車の下で隠れて見ていたオーウェンは、急いでガソリンを体に浴びせて匂いを消し、難を逃れる。
マスラニとクレアは、監視室からインドミナスを生きたまま捕獲するよう部隊を送り込むが、インドミナスは体内に埋め込まれたセンサを食いちぎり、体の色を周囲の景色に溶け込ませて部隊を待ち伏せ。部隊はほぼ全滅してしまう。
その頃、何も知らないザックとグレイは、球形の観覧車両で園内を探索。そこにインドミナスが襲いかかる。二人はなんとかその場を逃げ出す。ザラが二人を見失ったことを知ったクレアは、オーウェンとともに二人を探索する。
マスラニは自らヘリを操縦。ヘリに積んだ機関銃でインドミナスを攻撃するが、インドミナスは翼竜の施設に飛び込む。翼竜は屋根の穴から逃げ出し、ヘリは翼竜に襲われて墜落。翼竜はテーマパーク内の人々に襲いかかる。オーウェンとクレアは兄弟と再会するが、ザラは翼竜に襲われた上に、モササウルスに翼竜ごと飲み込まれるという壮絶な最期を遂げる。
恐竜の軍事利用をもくろむホスキンス(ビンセント・ドノフリオ)は、インドミナスの暴走を知り、調教したベロキラプトルにインドミナスを送り込む作戦を開始。ホスキンスに怒りをぶつけるオーウェンだったが、従わざるを得なくなる。オーウェンは、ラプトルにインドミナスの匂いを嗅がせ、檻から解き放つ。森の中を疾走する4体のベロキラプトルは、やがてインドミナスを発見するが、ベロキラプトルはインドミナスに襲いかからず、会話を始める。インドミナスは遺伝子操作の過程で、ベロキラプトルの遺伝子も組み込まれていた。インドミナスとベロキラプトルは結託し、人間に襲いかかる。オーウェンはバイクで引き返す。ラプトルは、クレアと兄弟の乗った車に襲いかかるが、なんとか撃退。オーウェンも追いつき、研究施設に戻る。そこにはホスキンスがいたが、やってきたラプトルにあっさりと殺されてしまう。
監視塔の入り口で、オーウェンたち4人はラプトル3体に囲まれるが、オーウェンの力でラプトルは再びオーウェンの側につき、やってきたインドミナスに襲いかかる。しかし、ラプトルは相手にならず、次々とインドミナスに倒されていく。クレアはロウリーに連絡をしてティラノサウルスの生息する檻の扉を開けさせ、発煙筒でティラノを誘導してインドミナスと戦わせる。ティラノとラプトルはともにインドミナスに襲いかかり、最後はモササウルスに水中に引きずり込まれる。
ティラノサウルスはラプトルには襲いかからず、その場を去り、生き残ったラプトルもまた、オーウェンのもとを去る。
テーマパークには平穏が訪れ、兄弟は両親と再会。クレアとオーウェンは、ともに生きていくことを決めるのだった。

前評判では、恐竜がなかなか出てこないと聞いていたが、そんなことはなく、キメラ恐竜インドミナスやラプトルが大暴れ。クライマックスのティラノサウルスとの死闘も大迫力。今までの作品では、2≒1>3の順で気に入っていたが、本作は最も面白かったかもしれない。ジュラシック・ワールド2も楽しみだ。

【5段階評価】5

|

« (1558) トップガン | トップページ | (1560) ブラック・スワン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価5の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1559) ジュラシック・ワールド:

« (1558) トップガン | トップページ | (1560) ブラック・スワン »