« (1510) 隠し砦の三悪人 | トップページ | (1512) 楽園追放 -Expelled from Paradise- »

2017年5月 3日 (水)

(1511) 免許がない!

【監督】明石知幸
【出演】舘ひろし、江守徹、西岡德馬、片岡鶴太郎、墨田ユキ、中条静夫
【制作】1994年、日本

免許を持っていない二枚目スターが免許獲得を目指す物語。舘ひろし主演のコメディ作品。

映画スターの南条弘(舘ひろし)は、映画会社切っての二枚目スター。ところが免許を持っていないことが相手女優(五十嵐淳子)にバレて落ち込み、マネージャー(江守徹)や社長(中条静夫)の反対を押し切って合宿教習所に入る。
南条は、俳優であることを隠し、40歳のただのおじさんとして合宿に臨むが、若者ばかりの合宿所で浮きまくる。リーダークラスの若者を味方につけるが、口が悪く横暴な教官、暴田(片岡鶴太郎)に我慢ならず、教習所内で取っ組み合いをしてしまう。
南条は俳優であることがバレ、教習所内で人気者になる。映画のスタッフも彼の免許取得に協力するが、厳格な性格の照屋(西岡德馬)は、南条を特別扱いしなかった。
緊張した南条は、照屋が教官の仮免許試験に無残に落ち、一度は免許取得をやめようとするが、仲間から叱咤激励され、仮免許に合格。厳しかった路上教習も暴田に合格させてもらう。検定試験では、スタッフが違法駐車や商店街の通行人をとっぱらって南条の試験をサポート。それに気づいた照屋だったが、スタッフのためにも頑張れ、と言って南条を合格させる。筆記試験も合格した南条は、自らの運転で見事に撮影所に凱旋するのだった。

コメディではありながら、終始ドタバタの作品というわけではなく、西岡德馬や片岡鶴太郎の教官ぶりが堂に入っていて、作品を引き締めていた。ちなみに片岡鶴太郎は免許を持っていないらしい。自分が免許を取った頃を懐かしく思い出せる作品。

【5段階評価】3

|

« (1510) 隠し砦の三悪人 | トップページ | (1512) 楽園追放 -Expelled from Paradise- »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1511) 免許がない!:

« (1510) 隠し砦の三悪人 | トップページ | (1512) 楽園追放 -Expelled from Paradise- »