« (1492) 悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 | トップページ | (1494) のだめカンタービレ 最終楽章 後編 »

2017年4月 6日 (木)

(1493) のだめカンタービレ 最終楽章 前編

【監督】武内英樹
【出演】上野樹里、玉木宏、福士誠治、ベッキー、ウエンツ瑛士、山田優
【制作】2009年、日本

二ノ宮知子原作漫画をテレビドラマ化した「のだめカンタービレ」の劇場版。前後編二編の前編。

のだめこと野田恵(上野樹里)は、恋人で指揮者の千秋信一(玉木宏)とフランスに滞在。千秋は指揮者としての職がなかったが、落ちぶれた楽団「マルレ・オケ」の常任指揮者となる。楽団は貧乏で団員はバイトを掛け持ちするなどやる気に欠け、気難しいコンマス(マンフレッド・ボーダルツ)にも千秋は悩まされる。千秋は真剣に指揮を続け、楽団員も厳しい練習に応えるようになる。
マルレ・オケの新しいシーズンの最初のコンサート。千秋は見事な指揮で素晴らしい演奏を実現し、ホールは大盛況。のだめは千秋の成功に喜びながらも、自分が取り残されてしまったような悲しみを覚えるのだった。

テレビドラマでは、のだめのぶっとびキャラを上野樹里がうまく演じて話題となった。本作は前後編の前編として、どちらかというと玉木宏演じる千秋にフォーカスされており、のだめの出演は控えめ。
クライマックスのコンサートのシーンはとても感動的。「天使にラブソングを・・・」や「スウィングガールズ」など、音楽を扱った成長ものの作品は、だいたい胸にぐっと来る。音楽の力ってすごい。

【5段階評価】3

|

« (1492) 悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 | トップページ | (1494) のだめカンタービレ 最終楽章 後編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1493) のだめカンタービレ 最終楽章 前編:

« (1492) 悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 | トップページ | (1494) のだめカンタービレ 最終楽章 後編 »