« (1462) ミッシングID | トップページ | (1464) クール・ランニング »

2017年3月 4日 (土)

(1463) クローズEXPLODE

【監督】豊田利晃
【出演】東出昌大、早乙女太一、勝地涼、永山絢斗、柳楽優弥、岩田剛典、広瀬すず
【制作】2014年、日本

高橋ヒロシ原作漫画の劇場版、「クローズZERO」シリーズ第3弾。てっぺん争いに挑む高校生たちを描いた作品。「クローズZERO II」の続編。

鈴蘭高校に転校してきた鏑木旋風雄(かぶらぎかぜお)(東出昌大)は、ボクサーの父親を亡くしており、暴力には興味がなかったが、初日にいきなり不良の一人を一発KOしたことから、てっぺん争いのダークホースと目されるようになる。
少年院上がりの藤原一(永山絢斗)は町の暴力団に入り、かつてのけんか相手、黒咲工業柴田浩樹(岩田剛典)の腕を折ったり、集団で鈴蘭高校の強羅徹(柳楽優弥)一派を襲ったりと暴れ始める。1年生の加賀美遼平(早乙女太一)は、実力がありながら頂点を目指さない鏑木にいらだち、挑発。鏑木はついに加賀美に挑むことを決め、高校での死闘の末、加賀美を倒す。鏑木は鈴蘭のてっぺんとして生きることを決めるのだった。

所詮は高校生のけんかなので、真剣になるだけ馬鹿らしいのだが、イケメン俳優がかっこつけている映像美を素直に楽しめば、そこそこ見られる。とはいえ、もう少し、それぞれのキャラクターのけんかの仕方に個性があるとよかった。みんな殴り合うだけだからな。足技使いとか、卑怯な手を使うやつとか、打たれ強いやつとか、いろいろあるともっと楽しめたように思う。それと、勝地涼はちょっと不良ぽくなさすぎだった。

【5段階評価】3

|

« (1462) ミッシングID | トップページ | (1464) クール・ランニング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1463) クローズEXPLODE:

« (1462) ミッシングID | トップページ | (1464) クール・ランニング »