« (1458) 偉大なる、しゅららぼん | トップページ | (1460) キャノンボール2 »

2017年2月28日 (火)

(1459) フットルース

【監督】ハーバート・ロス
【出演】ケビン・ベーコン、ロリ・シンガー、ジョン・リスゴー、クリス・ペン
【制作】1984年、アメリカ

ダンスを禁止された町に転校した男子高校生が、ダンス・パーティを開催しようとがんばる様子を描いた作品。往年の名曲がてんこ盛りの作品。

シカゴから田舎町に引っ越してきた高校生のレン(ケビン・ベーコン)。町は、息子を車の事故で失った牧師、ショー・ムーア(ジョン・リスゴー)の厳しい方針のもと、ダンスが禁止されており、レンは息苦しさを感じる。レンは牧師の一人娘、アリエル(ロリ・シンガー)と親しくなる。
レンはダンス・パーティを計画。ダンスの苦手な仲間のウィラード(クリス・ペン)にダンスを教え、町の議会に出て熱弁を振るい、牧師を説得。牧師は妻(ダイアン・ウィースト)の優しい言葉もあり、ダンスパーティを認める。
レンを何かと敵視する不良の妨害をウィラードと防ぎ、レンは仲間たちとダンス・パーティで盛り上がるのだった。

ケニー・ロギンス「フットルース」、ボニー・タイラー「ヒーロー」、アン・ウィルソン&マイク・レノ「パラダイス~愛のテーマ」、ムービング・ピクチャーズ「ネバー」など、日本でもドラマのテーマ曲やカバー曲になったナンバーがたくさん登場。ミュージカル映画とまではいかないが、ダンスシーンは楽しい。
レンがダンスの全くできないウィラードに、ダンスの手ほどきをするシーンは感動的。ウィラード役のクリス・ペンは、観る限り素でダンスのセンスがなさそうで、最後のシーンでも決して上手とは言えないが、ガールフレンドが彼のダンスに驚きと喜びの悲鳴を上げるのが、なかなかいい演出だった。
オープニングの足下だけを移したダンスシーンも印象的。

【5段階評価】3

|

« (1458) 偉大なる、しゅららぼん | トップページ | (1460) キャノンボール2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1459) フットルース:

« (1458) 偉大なる、しゅららぼん | トップページ | (1460) キャノンボール2 »