« (1411) オズ | トップページ | (1413) トゥルー・グリット »

2016年11月24日 (木)

(1412) エージェント・ハミルトン ベイルート救出作戦

【監督】トビアス・ファルク
【出演】ミカエル・パーシュブラント、フリーダ・ハルグレン、サバ・ムバラク
【制作】2012年、スウェーデン

名付け娘を誘拐されたエージェントの救出劇を描いた作品。「エージェント・ハミルトン」シリーズ第2作。

シングルマザーのエバ・タンギー(フリーダ・ハルグレン)は、大統領の警護中、イスラム系のヒットマンを射殺。彼女の娘、ナタリー(ナジャ・クリスティアンソン)が一味に誘拐されてしまう。
娘の後見人となっているエージェントのカイル・ハミルトン(ミカエル・パーシュブラント)は単身で捜査を開始。娘がベイルートのにいることを突き止め、仲間のモナ(サバ・ムバラク)らとともに敵地に乗り込み、娘の救出に成功する。逃げ遅れたカイルは、事件をもみ消そうとするCIAに拷問を受けるが、イスラム側の大物の指示により解放される。

90分と短めの作品。主人公はジョークの一つも飛ばさないクールなキャラで、お色気もなく硬派な内容。格闘シーンはカット割りが多くて、少々迫力は控えめだが、見世物のような立ち回りではなく、よかった。1作目も見てみたい。

【5段階評価】3

|

« (1411) オズ | トップページ | (1413) トゥルー・グリット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1412) エージェント・ハミルトン ベイルート救出作戦:

« (1411) オズ | トップページ | (1413) トゥルー・グリット »