« (1410) キンキーブーツ | トップページ | (1412) エージェント・ハミルトン ベイルート救出作戦 »

2016年11月23日 (水)

(1411) オズ

【監督】ウォルター・マーチ
【出演】ファルーザ・バーク、ジーン・マーシュ、ニコール・ウィリアムソン
【制作】1985年、アメリカ

魔法の国、オズに再び舞い込んだ少女の冒険を描いた作品。童話の名作、「オズの魔法使」の続編となる作品。

オズの国から戻ったドロシー(ファルーザ・バーク)は、不眠症となってしまったため、おばにつれられ、怪しげな病院へ。怪しげな医師が電気療法を試みようとするが、謎の少女(エマ・リドレー)が現れ、二人で逃げ出す。二人は大雨の中、川の濁流に流される。
気づくとドロシーは、鶏のビリーナ(デニス・ブライヤー)とオズの国に舞い戻っていた。ブリキの兵士、ティック・トック(シーン・バレット)と、パンプキンヘッドのジャック(ブライアン・ヘンソン)を味方に、ドロシーはノーム王(ニコール・ウィリアムソン)の居城に向かい、エメラルド・シティの王になったかかし(ジャスティン・ケース)を救い出す。怒り狂ったノーム王に襲われた一行だったが、ビリーナの生んだ卵がノーム王の弱点だったため、ノーム王は消えてしまう。謎の少女、オズマに呪いをかけていたモンビ(ジーン・マーシュ)は捕らえられ、オズマはオズの王女となり、ドロシーはカンザスに戻るのだった。

前作では敵のボスの弱点が水。今回は卵。あっさりと倒される悪役というのが定番になっていた。古い作品だが、ビリーナやティック・トックの動きはよくできていた。

【5段階評価】2

|

« (1410) キンキーブーツ | トップページ | (1412) エージェント・ハミルトン ベイルート救出作戦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1411) オズ:

« (1410) キンキーブーツ | トップページ | (1412) エージェント・ハミルトン ベイルート救出作戦 »