« (1400) 俺はまだ本気出してないだけ | トップページ | (1402) タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 »

2016年9月13日 (火)

(1401) 野火

【監督】市川崑
【出演】船越英二、ミッキー・カーチス、滝沢修
【制作】1959年、日本

太平洋戦争で劣勢の日本兵の惨状を描いた作品。

舞台は太平洋戦争のさなかのフィリピン。喀血を理由に病院に行けと命令された田村(船越英二)は、病院から入院を拒否され、近くの林の中で他の兵隊とともに乏しい食料で食いつないでいた。病院が襲撃され、行く当てのない田村は、無人の村で塩を手に入れ、3人組の日本兵と合流。パロンポンに向かおうとするが、米軍の攻撃に遭い、それを果たすことができない。荒野で倒れているところを永松(ミッキー・カーチス)に助けられる。彼はたばこの葉を持つ安田(滝沢修)にこき使われており、田村も手榴弾を奪われてしまう。永松は復讐を決意。水路を断って安田をおびき寄せ、銃で撃ち殺す。永松は安田の服をはぎ始める。それを見た田村は、銃で永松を撃ち殺す。田村は野火に引き寄せられるように歩き始めるが、とうとう力尽き、息絶えるのだった。

食べるものがなく、細い芋や土混じりの塩、雑草で食いつなぐ日本兵。田村の頭の中に人肉に手を出すことがちらつき、狂人と化した日本兵からは、俺の肉を食っていいと言われ、そこを逃げ出したりする。日本兵が倒れゆくさまもリアルで、直接の描写はないものの、カニバリズムの狂気をひりひりと感じさせた。

【5段階評価】3

|

« (1400) 俺はまだ本気出してないだけ | トップページ | (1402) タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1401) 野火:

« (1400) 俺はまだ本気出してないだけ | トップページ | (1402) タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 »